北条綱房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
北条綱房
時代 戦国時代
改名 弁千代(幼名)→綱房
別名 孫二郎(通称)、刑部少輔、伊賀守、綱広、福島勝広
主君 北条氏康
氏族 福島氏玉縄北条氏
父母 父:福島正成、養父:北条為昌
兄弟 綱成綱房松田盛秀
テンプレートを表示

北条 綱房(ほうじょう つなふさ)は、戦国時代武将後北条家の家臣。

略歴[編集]

今川家臣・福島正成の子と伝わる。父の死によって兄綱成や妹とともに北条家に身を寄せたという(異説あり。福島正成を参照)。当時弁千代と名乗っていた綱房は北条氏康小姓となり、また兄妹とともに玉縄城北条為昌の養子に入った。

元服後は兄同様北条氏綱からの偏諱を受け綱房と称した。天文15年(1546年)、河越夜戦のおり、兄綱成が城将を勤める河越城上杉憲政上杉朝定足利晴氏らの連合軍に包囲されると、自ら氏康の使者を名乗り出た。かねてより美男子と噂された弁千代は堂々と敵中を徒破し、河越城への使者としての責務を全うしたという(関八州古戦録他)。

以降は北条綱房として史料上に登場するが、天文18年(1549年)以降は史料から姿を消す。なお一説には、河越夜戦後も綱成を重臣として補佐し深沢城の戦いでは松田憲秀らとともに奮戦したとある。

異説[編集]

  • 父とされる正成は大永元年(1521年)に戦没したとされているが、綱房はまだ生まれていない。生年が違っているというのが通説である。
  • 軍記物などに登場する「福島伊賀守勝広」は綱房を指している。勝広は史料上では登場しないが、北条氏直の代に福島伊賀守賢成という人物がいる。