北条忠時 (金沢流)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
北条忠時
時代 鎌倉時代末期
生誕 不明
死没 元弘3年/正慶2年5月22日1333年7月4日
別名 金沢忠時
氏族 北条氏金沢流
父母 父:北条貞将
兄弟 忠時淳時

北条 忠時(ほうじょう ただとき)は、鎌倉時代末期の武将。金沢流北条家の出身で、第15代執権北条貞顕の嫡男・貞将の長男。弟に淳時がいる。

元弘3年/正慶2年(1333年)5月、新田義貞鎌倉に攻め込んだ時、父と共に巨福呂坂を守ったが敗れた。そして父と共に自害したという[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (「北条氏系図」)。『金沢貞顕』〈人物叢書〉149頁。

参考文献[編集]