北村隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北村 隆(きたむら たかし、1902年(明治35年)4月19日 - 1982年(昭和57年)8月4日)は、日本内務防衛官僚岡山県和気郡三石村字三石(現:備前市)に、父北村貫皐、母古美津の長男として誕生。本籍地は岡山県邑久郡太伯村乙子(現:瀬戸内市)。

戦前は内務省警保局の官僚として特高警察や、警保局経済保安課課長、兵庫県警察部長を務めた。戦後はいわゆる「逆コース」に乗って復帰し、保安庁保安研修所内閣国防会議事務局長などを歴任、叙勲された。

学歴[編集]

職歴[編集]

同職は統制経済に入り、経済事犯が増加したために設けられた。
敗戦が無ければ官選県知事に進むことができる出世コースだった。

参考文献[編集]

  • 内政史研究会「内政史研究資料第81~85集」<北村隆氏談話速記録>1970.02.18~03.25。

外部リンク[編集]