北村正利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北村 正利
(きたむら まさとし)
生誕 1926年1月10日
日本の旗 日本 高知県南国市久礼田
死没 (2012-07-13) 2012年7月13日(86歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 天体物理学
研究機関 東京大学
出身校 東京大学
博士課程
指導学生
山崎篤磨[1]
中村泰久[1]
岡崎彰[1]
西城恵一[1]
主な業績 近接連星の研究、光電測光による天体観測
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

北村 正利(きたむら まさとし、1926年1月10日 - 2012年7月13日[2])は、日本の天文学者。専門は、天体物理学理学博士

来歴・人物[編集]

現在の高知県南国市久礼田に生まれる。旧制高知県立高知城東中学校(現・高知県立高知追手前高等学校)を経て、1950年東京大学理学部天文学科卒業。東京大学附属東京天文台助手、講師、助教授を経て1971年教授に就任。1986年定年退官し東京大学名誉教授となった。

北村は古畑正秋[1]ズデネク・コパルの弟子であり、門下生には山崎篤磨[1]中村泰久[1]岡崎彰[1]西城恵一[1]らがいる。

業績[編集]

戦後、日本では早期に光電測光を古畑正秋と共に開始。ツアイス製65cm屈折望遠鏡に光電測光装置を取付けて天体測光を行った。初期の観測に、小惑星の族と小惑星の色指数の関係を調べたものがあり、小惑星の物理観測の先駆けとして世界的に評価されている。研究の主力は近接連星系に傾注した。この分野での主な功績は、Kitamura's Methodとして知られる不完全フーリエ法による連星の物理パラメータの決定がある。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『天文台と観測器械・天体測光器』(恒星社厚生閣 新天文学講座11 新版 1964年
  • 『恒星の世界・変光星』(恒星社厚生閣 新天文学講座6 新版 1965年
  • 『近接食連星系の光度曲線解析』(英文 東京大学出版会 1967年
  • 『星の物理』(東京大学出版会 UP選書 1974年
  • 『恒星の世界・連星』(恒星社厚生閣 現代天文学講座6 1980年
  • 『宇宙と星の基礎知識・星のエネルギーはなんですか』(講談社 1989年
  • 『連星-測光連星論-』(ごとう書房 宇宙物理学講座 第2巻 1992年

共著[編集]

  • 『立体で見る 星の本』(福音館書店 かがくの本 1986年)

訳書[編集]

監修書[編集]

  • 『教師のための天文学』(恒星社厚生閣 1987年

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 日本の天文学者の系図 - 福江純公式サイト内のページ。
  2. ^ 北村正利 先生が ご逝去 - アマチュア天文家・永井和男の公式ブログしどろもどろな天体観測内のページ、2012年7月14日閲覧