北村忠兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北村 忠兵衛(きたむら ちゅうべえ、生没年不詳)とは、江戸時代絵師

来歴[編集]

京都清水寺所蔵の「渡海船図」の扁額(絵馬)に「寛永拾壱甲戌暦(1634年)霜月吉日 畫師北村忠兵衛」とあり、この絵の作者とされている。師系や経歴については明らかではないが、土居次義は画風から「狩野派に属する画人」とする。この「渡海船図」は『扁額軌範』(文政2年〈1819年〉序)に「船之図」として取り上げられている。

参考文献[編集]

  • 土居次義 『絵馬 清水寺』 清水寺、1981年
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年

関連項目[編集]