北村又左衛門 (先代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北村又左衛門 (先代)
きたむら またざえもん
生年月日 1902年9月26日
出生地 奈良県
没年月日 (1985-12-23) 1985年12月23日(83歳没)
出身校 法政大学
所属政党 日本進歩党
称号 黄綬褒章

選挙区 奈良全県区
在任期間 1942年 - 1945年11月
テンプレートを表示

北村 又左衛門(きたむら またざえもん、明治35年(1902年9月26日 - 昭和60年(1985年12月23日)は、日本の林業家、政治家。元北村林業会長。元衆議院議員。前名・太郎。全国林業組合長などを歴任。

経歴[編集]

奈良県出身。

昭和3年(1928年法政大学卒業。

昭和17年(1942年)の翼賛選挙奈良全県区から初当選、昭和20年(1945年11月まで在職。

公職追放となり、昭和26年(1951年6月解除と共に同年10月大丸監査役に就任[1]

家族・親族[編集]

長女は白鶴酒造相談役嘉納信治の妻。灘の名門嘉納家の大閨閥につながっている。二女は鳥取・米子の実業家坂口平兵衛 (3代)の妻。[2]

参考文献[編集]

  • 『第二十一版 大衆人事録 西日本編』1960年 き365頁
  • 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ株式会社)173頁
  • 佐藤朝泰 『豪閥 地方豪族のネットワーク』 立風書房 2001年 356-357、363、427-429頁

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『第二十一版 大衆人事録 西日本編』1960年 き365頁より
  2. ^ 佐藤朝泰 著『豪閥 地方豪族のネットワーク』 363、427頁