北村俊昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北村 俊昭(きたむら としあき[1]1948年(昭和23年)11月15日[2] - )は、日本の官僚、経営者。国際石油開発帝石株式会社代表取締役社長。元経済産業審議官北海道小樽市出身[1][3]

略歴[編集]

1972年(昭和47年)東京大学法学部を卒業し、通商産業省に入る。貿易経済協力局、製造産業局、通商政策局各局長を歴任し、2006年(平成18年)に経済産業審議官となり、2007年(平成19年)に退官する。

退官後[編集]

退官後は東京海上日動火災保険顧問、早稲田大学大学院客員教授をへて、2009年(平成21年)に国際石油開発帝石副社長に就任。2010年(平成22年)から同社社長を務める。

年譜[編集]

  • 1972年(昭和47年)3月 東京大学法学部卒業[1]
  • 1972年(昭和47年)4月 通商産業省入省[2]
  • 1998年(平成10年)7月 内閣総理大臣秘書官[4]
  • 2002年(平成14年)7月 経済産業省貿易経済協力局長[2]
  • 2003年(平成15年)7月 経済産業省製造産業局長[2]
  • 2004年(平成16年)6月 経済産業省通商政策局長[2]
  • 2006年(平成18年)7月 経済産業審議官[2]
  • 2007年(平成19年)7月 退官[2]
  • 2007年(平成19年)11月 東京海上日動火災保険株式会社顧問[2]
  • 2008年(平成20年)4月 早稲田大学大学院客員教授[2]
  • 2009年(平成21年)8月 国際石油開発帝石株式会社副社長執行役員[2]
  • 2010年(平成22年)8月 国際石油開発帝石株式会社代表取締役社長[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 代表取締役の異動および役員の異動に関するお知らせ 国際石油開発帝石株式会社 2010年(平成22年)5月24日
  2. ^ a b c d e f g h i j k 国際石油開発帝石株式会社第4期有価証券報告書
  3. ^ 北海道新聞 2002年7月21日
  4. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』469頁。