北朝鮮の勲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北朝鮮の勲章では、朝鮮民主主義人民共和国(以下北朝鮮)で制定されている勲章について記す。

概要[編集]

大日本帝国領だった朝鮮半島では、後に北朝鮮政府高官となる人物が多数ソヴィエト連邦へ亡命していた。すべての人物というわけでは無いが、その中の多くはソ連軍に勤務し、ソヴィエトの栄典制度を学んでいた。

第二次世界大戦が終結するとソヴィエトに逃げていた者が北朝鮮に戻ってきた。そのため、北朝鮮では独立後僅か一か月で栄典制度が確立されたのである。当初、北朝鮮の勲章はソヴィエトで製造されており、材質や形式などもソヴィエトの勲章に倣っていた。

栄典一覧[編集]

称号[編集]

画像
名称
(日本語/朝鮮語)
制定年月日
補足
Gold Star KNDR.png
朝鮮民主主義人民共和国英雄
공화국영웅
1950年6月30日
共和国英雄は1972年金日成勲章が制定されるまで、国内で最高位の勲章であった。主に朝鮮戦争での多大な功績に対して贈られていたこの称号は、受章の際国旗勲章1等も同時に贈られており、受章者の故郷には個人の銅像も建立されていた。

朝鮮民主主義人民共和国英雄はソ連邦英雄を基にしている。

Labor Hero of the Democratic People's Republic of Korea.svg
朝鮮民主主義人民共和国労力英雄
로력영웅
1951年7月17日
労力英雄も1972年に金日成勲章が制定されるまでは最高位勲章に付けていた。朝鮮労働党のために社会的活動を行った人民に対し広く授与される。授与の際は国旗勲章も贈られる。

朝鮮民主主義人民共和国労力英雄は社会主義労働英雄を基にしている。

勲章[編集]

画像
名称
(日本語/朝鮮語)
制定年月日
補足

Order of the Kim Il Sung June 2012.jpg
金日成勲章
김일성 훈장
1972年3月20日
現時点で北朝鮮最高位の勲章である。革命に対する貢献や、国内外で北朝鮮の尊厳を高める活動をした者に贈られる。通常は金日成誕生日である4月15日付近で授与される。最初の受章者は金正日[1]

Order of Kim Jong-il.jpg
金正日勲章
김정일 훈장
2012年2月3日
金正日70回目の誕生日を記念して、彼の死後制定された。主に朝鮮労働党の発展に貢献した人物や団体に贈られる。
PRK Order of the National Flag - 1st Class BAR.png
国旗勲章
第1級

국기훈장
제1급
1948年10月2日
北朝鮮で初めて制定された勲章である。法令により、国内最高位とされている勲章(共和国英雄や金日成勲章など)授与の際には同時に贈られる。主に党や軍、科学や芸術、文化などあらゆる北朝鮮への功労が授与対象となる。

PRK Order of the National Flag - 2nd Class BAR.png
国旗勲章
第2級

국기훈장
제2급
1948年10月2日
PRK Order of the National Flag - 3rd Class BAR.png
国旗勲章
第3級

국기훈장
제3급
1948年10月2日

KoreanLabourRibbon.jpg
朝鮮労力勲章
조선로력훈장
1951年7月17日
特筆すべき労働に対して授与される。
OrderOfSoldier'sHonour1Ribbon.jpg
戦士栄誉勲章
第1級

전사영예훈장
제1급
1950年6月25日
戦時下における軍功に対して授与される。
OrderOfSoldier'sHonour2Ribbon.jpg
戦士栄誉勲章
第2級

전사영예훈장
제2급
1950年6月25日
AdmiralOrder1.jpg
李舜臣勲章
第1級

이순신장군훈장
제1급
1950年7月13日
海軍の将官や指揮官に対して授与される。
AdmiralOrder2.jpg
李舜臣勲章
第2級

이순신장군훈장
제2급
1950年7月13日
FreedomAndIndependence1Ribbon.jpg
自由独立勲章
第1級

자유독립훈장
제1급
1951年7月17日
自由独立勲章はもともと朝鮮戦争での武勲に対し授与されていた。当初はピンで衣服に佩用する勲章であったが、金正日により首許への佩用形式に変更された。

現在では政治的な面での功績に対して贈られる。

FreedomAndIndependence2Ribbon.jpg
自由独立勲章
第2級

자유독립훈장
제2급
1951年7月17日
朝鮮戦争時、朝鮮・中国双方の兵士に授与された。こちらも金正日により首許佩用へ変更された。
軍事服務栄誉勲章
第1級

군사복무영예훈장
제1급
1973年7月3日
軍事服務栄誉勲章
第2級

군사복무영예훈장
제2급
1973年7月3日
軍事服務栄誉勲章
第3級

군사복무영예훈장
제3급
1973年7月3日
石炭・鉱業服務栄誉勲章
第1級

석탄광업복무영예훈장
제1급
1973年9月3日
石炭・鉱業服務栄誉勲章
第2級

석탄광업복무영예훈장
제2급
1973年9月3日
石炭・鉱業服務栄誉勲章
第3級

석탄광업복무영예훈장
제3급
1973年9月3日
軍需工服務栄誉勲章
勤続10年

군수공복무영예훈장
10
軍需工服務栄誉勲章
勤続20年

군수공복무영예훈장
20
軍需工服務栄誉勲章
勤続30年

군수공복무영예훈장
30
水産服務栄誉勲章
第1級

수산복무영예훈장
제1급

水産服務栄誉勲章
第2級

수산복무영예훈장
제2급
鉄道服務栄誉勲章
第1級

철도복무영예훈장
제1급
鉄道服務栄誉勲章
第2級

철도복무영예훈장
제2급
鉄道服務栄誉勲章
第3級

철도복무영예훈장
제3급
朝鮮民主主義人民共和国親善勲章
第1級

조선민주주의인민공화국친선훈장
제1급
1985年
外国人に対して授与される勲章である。

アントニオ猪木 日本の旗 2010年9月15日
日森文尋 日本の旗 2017年8月15日


朝鮮民主主義人民共和国親善勲章
第2級

조선민주주의인민공화국친선훈장
제2급
1985年
外国人に対して授与される勲章である。

アレハンドロ・カオ・デ・ベノス英語版 スペインの旗[2]
ノルベルト・フォラツェン ドイツの旗 1999年[3]
エルスワース・カルヴァー英語版 アメリカ合衆国の旗 2006年1月10日[4]
劉曉明英語版 中華人民共和国の旗 2010年2月3日[5]


三大革命赤旗勲章
3대혁명붉은기훈장
1986年11月20日

記念章[編集]

画像
名称
(日本語/朝鮮語)
制定年月日
補足
朝鮮人民軍創建記念勲章
조선인민군창건기념훈장
1968年1月25日
この勲章は朝鮮人民軍創建20周年を記念して制定された。

朝鮮民主主義人民共和国創建20周年記念勲章
조선민주주의인민공화국창건20주년기념훈장
1968年5月24日
この勲章は1968年9月9日に一度だけ授与された。主に北朝鮮の建国や、それからの20年間における発展に貢献した者を授与対象とした。

朝鮮民主主義人民共和国創建記念勲章
조선민주주의인민공화국창건기념훈장
1978年
この勲章は北朝鮮創建30周年を記念して制定された。のち40周年記念の際にも授与されたので、最大で2回受章できる可能性があった。
祖国解放戦争勝利40周年記念勲章
조국해방전쟁승리40돐기념훈장
1993年
3月5日記念勲章
3월5일기념훈장
1986年3月3日
朝鮮人民軍創建60周年記念勲章
조선인민군창건60돐기념훈장
1992年
首都建設記念勲章
수도건설기념훈장
1992年
朝鮮民主主義人民共和国創建50周年記念勲章
조선민주주의인민공화국창건50돐년기념훈장
1998年
祖国解放戦争勝利60周年記念勲章
조국해방전쟁승리60돐기념훈장
2013年
2016年6月現在最も新しい勲章である。

メダル[編集]

画像
名称
(日本語/朝鮮語)
制定年月日
補足

軍功メダル
군공메달
1949年7月13日
軍功に対して贈られる。

功労メダル
공로메달
1949年7月13日
称賛される功労に対して贈られる。
軍事服務栄誉メダル
군사복무영예메달
1973年7月3日
農業功労メダル
농업공로메달
1974年12月24日
朝鮮民主主義人民共和国親善メダル
조선민주주의인민공화국친선메달
1985年
祖国統一賞
조국통일상
1990年

記念メダル[編集]

画像
名称
(日本語/朝鮮語)
制定年月日
補足
Medal for the Liberation of Korea.gif
朝鮮1945年8月15日記念メダル
조선 1945.8.15
1948年10月16日
Commemorative Medal "Great Fatherland Liberation War 1950–1953" Ribbon
1950年-1953年大祖国解放戦争記念メダル
조국해방전쟁 기념메달
위대한 조국해방전쟁을 기념하여 1950–1953
1953年8月15日
朝鮮戦争に参戦したすべての兵士に授与された。
1950年-1953年祖国解放戦争参戦記念メダル
조국해방전쟁참전기념메달 1950–1953
1953年8月15日
朝鮮戦争に参戦したすべての兵士に授与された。
Commemorative Medal "Fatherland Liberation" Ribbon
祖国解放記念メダル
조국해방기념메달
朝鮮民主主義人民共和国創建記念メダル
조선민주주의인민공화국창건기념메달
在日本朝鮮人総聯合会20周年記念メダル
20총련기념메달
1975年5月20日
晴江発電所ダム建設記念メダル
정강산발전소건설기념메달
1990年
首都建設記念メダル
수도건설기념메달
1992年
平壌・南浦高速道路建設記念メダル
평양-남포고속도로건설기념메달
閲兵式記念メダル
열병식기념메달
閲兵式に参加した部隊に授与される。

バッジ[編集]

画像
名称
(日本語/朝鮮語)
制定年月日
補足
朝鮮人民軍創建20周年記念バッジ
조선인민군창건20주년기념휘장
1968年2月8日
千里馬栄誉バッジ
전리마 영예 휘장
1968年

脚注[編集]

  1. ^ Yonhap News Agency (27 December 2002). North Korea Handbook. Seoul: M.E. Sharpe. p. 132. ISBN 978-0-7656-3523-5. http://books.google.com/books?id=JIlh9nNeadMC&pg=PA132. 
  2. ^ Democratic People's Republic of Korea_Juche Korea”. korea-dpr.com. 2014年1月17日閲覧。
  3. ^ Past news”. kcna.co.jp. 2014年1月17日閲覧。
  4. ^ Ellsworth Culver honored by North Korea for life's work | Mercy Corps”. mercycorps.org. 2014年1月17日閲覧。
  5. ^ DPRK awards friendship medal to Chinese ambassador CCTV-International”. english.cctv.com. 2014年1月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • Boik, William A. (2008). Orders, Decorations, and Medals of the Democratic People's Republic of Korea. Springfield, VA: DBMPress.com. ISBN 978-0-615-19087-7. 
  • Cabral, David L. (1994). Orders and Decorations of the Democratic Peoples Republic of Korea. [Glassboro, N.J.]: Orders and Medals Society of America. OCLC 35914051. 
  • Sessler, Warren E.; McDaniel, Paul (2009). Military and Civil Awards of the Democratic People's Republic of Korea (DPRK). Henderson, Nevada: Sessler Incorporated. ISBN 978-0-615-28482-8. 

外部リンク[編集]