北斗駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北斗駅
ほくと
Hokuto
鶴野 (5.0km)
(4.4km) 山花
所在地 北海道釧路市北斗
所属事業者 雄別鉄道
所属路線 雄別本線
キロ程 14.5km(釧路起点)
開業年月日 1923年(大正12年)1月17日
廃止年月日 1970年(昭和45年)4月16日
備考 路線廃止により廃駅。
テンプレートを表示

北斗駅(ほくとえき)は北海道釧路市北斗(旧・字ピラトマイ)にあった、雄別鉄道雄別本線のである。雄別鉄道の廃止とともに廃駅となった。

概要[編集]

当路線開通とともに開設された。開業時から1942年(昭和17年)頃までは交換駅としてダイヤが組まれていたため、場内信号設備が設置されていたが、その後は他の駅が交換駅となったため信号設備は撤去された。

歴史[編集]

  • 1923年(大正12年)1月17日 - 北海炭礦鉄道 釧路-雄別炭山間開業に伴い平戸前駅(ひらとまええき)として開業。一般駅。
  • 1956年(昭和31年)3月21日 - 雄別炭礦鉄道 北斗駅に改称。
  • 1970年(昭和45年)4月16日 - 当路線廃止に伴い廃駅。

構造[編集]

駅舎は北東側(山側)に設置され、木造の島式ホーム1面を有していた。

現状[編集]

廃線後は本線跡がサイクリングロードになり、当駅構内北西側に当たる位置に実際の構内の1/4程度の大きさでロードが複線状にされて、駅のモニュメントとなっている。現在も残ってはいるが木々が生い茂っているため、モニュメントか何だか判らない状態になっている。

隣の駅[編集]

雄別鉄道
雄別本線
鶴野駅 - 北斗駅 - 山花駅

参考図書[編集]

  • 雄別炭礦鉄道 50年の軌跡 大谷正春著

関連項目[編集]

外部リンク[編集]