北島三郎記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 北島三郎記念館
KITAJIMA SABURO MUSEUM
Kitajima Saburo Museum 01.jpg
記念館の入るウイニングホール
施設情報
専門分野 北島三郎
管理運営 エクセルヒューマン(EH株式会社
開館 2002年12月23日[1]
所在地 040-0053
北海道函館市末広町22-11 ウイニングホール1-3F
位置 北緯41度45分59.8秒 東経140度42分47秒 / 北緯41.766611度 東経140.71306度 / 41.766611; 140.71306座標: 北緯41度45分59.8秒 東経140度42分47秒 / 北緯41.766611度 東経140.71306度 / 41.766611; 140.71306
アクセス JR函館本線函館駅より徒歩約20分
外部リンク www.kitajima-museum.jp
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
北島三郎記念館の位置(日本内)
北島三郎記念館
北島三郎記念館

北島三郎記念館(きたじまさぶろうきねんかん)は、北海道函館市に設けられた北島三郎の記念館。ウイニングホールの建物内にあるが建物老朽化のため館内施設のウイニングホテル及びレストラン・ウイニングとともに2021年8月末で休館となる[2][3]

概要[編集]

北島三郎(本名:大野穣)は誕生から北海道函館西高等学校卒業までを実家のあった上磯郡知内村(現・知内町)にて過ごしていたが、当館は実家から片道約1時間半をかけて毎日通学していた同校から八幡坂を下りたふもとにある。

3フロア構成となっており、1階がエントランスおよびグッズ販売スペース(グッズショップ)、2階には出生から現在にいたるまでの北島の半生とディスコグラフィ(2013年7月現在、全232曲のジャケットを展示)を歴史別に綴った「ヒストリー・ゾーン」、3階には北島の代表曲のひとつである「まつり」の特別公演のフィナーレの臨場感を可能な限り機械で再現する「シアター・ゾーン」と等身大の北島のブロンズ像を設置[4]。北島の魅力をあますところなく満喫できる構成となっている。

1階からエスカレーターを使用して2階に入り、順路に沿って3階のブロンズ像まで専任スタッフが各ブースを懇切丁寧にガイドしてくれるが、場所によっては入館挨拶等、北島本人のアナウンスも流れる仕組みとなっている。

撮影は自由だが、静止画カメラ/スマートフォン/携帯電話)のみOKで、動画撮影は不可である。

尚、1階のグッズショップで販売される「サブちゃんまんじゅう」「サブちゃんバタークッキー」「サブちゃん今川焼」等、他所では入手できない記念館限定商品も多数あり、グッズショップのみの入場であれば、入場料はかからない[5]

老朽化による修繕とメンテナンスの目的で、2021年9月1日より当面の間、ウイニングホテルとともに休業している。

所在地[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “北島三郎記念館オープン 待ってたサブちゃん ファンでにぎわう”. 北海道新聞渡島・檜山版: p. 16. (2002年12月24日) 
  2. ^ お知らせ”. 北島三郎記念館. 2021年8月27日閲覧。
  3. ^ “「北島三郎記念館」8月末で閉館 函館 老朽化で”. 北海道新聞. (2021年8月26日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/582108/ 2021年8月27日閲覧。 
  4. ^ ブロンズ像の右手は北島本人の手形から採寸しておこしている
  5. ^ 2020年新型コロナウイルス流行の影響で菓子類は販売されていない。
  6. ^ ウイニングホールはエクセルヒューマンか管理する商業複合施設となっており、同建物内には「ウイニングホテル」(4-6F)と「レストラン ウイニング」(7F)も入る。

外部リンク[編集]