北居明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北居明
研究分野 組織論文化
実績 「失われた10年」における日本企業の文化変化、および日本企業における理念浸透活動とその効果に関する研究
テンプレートを表示

北居 明(きたい あきら)は、日本経営学者。甲南大学経営学部教授。専門はミクロ組織論組織文化神戸大学博士(経営学)組織学会高宮賞受賞[1]

来歴[編集]

1990年滋賀大学経済学部を卒業。同年神戸大学大学院経営学研究科に進学し、1992年に博士前期課程修了、1995年に博士後期課程修了。博士(経営学)取得。大阪学院大学経営科学部専任講師、助教授、大阪府立大学経済学部教授等を経て現職。

年譜[編集]

  • 1990年 - 滋賀大学経済学部卒業
  • 1992年 - 神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了
  • 1995年 - 神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了
  • 1995年 - 大阪学院大学経営科学部専任講師
  • 1998年 - 大阪学院大学経営科学部助教授
  • 2004年 - 大阪府立大学経済学部助教授
  • 2009年 - 大阪府立大学経済学部教授
  • 2014年 - 甲南大学経営学部教授

最近の論文・著書[編集]

  • 「『失われた10年』における日本企業の文化変化」『日本企業の戦略インフラの変貌』(加護野忠男他編 白桃書房,2004年)
  • 「日本企業における理念浸透活動とその効果」『日本企業の戦略インフラの変貌』(加護野忠男他編 白桃書房,2004年)
  • 「健康いきいき職場づくり」(共著 健康いきいき職場づくりフォーラム編 生産性出版, 2014年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 組織学会「高宮賞」” (jp). AAOS-組織学会 (2020年6月16日). 2021年1月15日閲覧。

外部リンク[編集]