北小路家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北小路家(きたこうじけ)は、日本の公家。次の2流がある。

  1. 藤原北家日野流家格名家
  2. 大江氏姓、家格は半家

北小路家(藤原北家日野流)[編集]

北小路家
(藤原北家日野流)
家紋
つるのまる
鶴の丸
本姓 藤原北家日野流
家祖 北小路徳光
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
凡例 / Category:日本の氏族

北小路家(きたこうじけ)は、藤原北家日野流の公家。家格は名家江戸時代中期の中務大輔三室戸誠光の次男徳光を祖とする。江戸時代の家禄は御蔵米30石[1]明治維新の後、随光子爵に叙せられた。資武柳原白蓮(燁子)の最初の夫であり、2人の間には功光が生まれた[2]

北小路家(大江氏)[編集]

北小路家
(大江氏)
家紋
ひきりょう(みつひきりょう)
引両(三つ引両?)
本姓 大江朝臣嫡流
家祖 北小路俊宣
種別 公家(半家
華族(子爵)
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
支流、分家 北小路家 分家(男爵
凡例 / Category:日本の氏族

北小路家(きたこうじけ)は、大江氏公家家格半家大江匡重の子・北小路俊宣を祖とする。代々近衛家諸大夫聖護院門跡の坊官などを務める地下家だったが、俊常六位蔵人の極﨟(最先任)を祖父から3代続けて勤めたことにより弘化4年(1847年)12月17日に格上となり従三位堂上家となった[3]。家業は文学。江戸時代の家禄は60石[4]極位極官従三位非参議明治維新の後、俊親子爵に叙せられた。三郎貴族院議員(子爵互選)、式部官を務めた[5]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末の大江氏北小路家領は4村・49石5升6合2勺5才で、その内約は以下の通り。

  • 山城国愛宕郡吉田村のうち - 30石2斗1升2勺5才
  • 山城国愛宕郡上加茂村のうち - 10石6斗
  • 山城国愛宕郡花園村のうち - 1石9升6合
  • 山城国葛野郡下津林村のうち - 7石1斗5升

系譜[編集]

補注[編集]

  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)北小路
  2. ^ 北小路家(名家)
  3. ^ なお分家の北小路家は北小路俊矩の代に半家に格上げされたが、堂上昇進が明治になってからだったため男爵にしかなれなかった。
  4. ^ 半家(北小路)- 公卿類別譜
  5. ^ 北小路家(半家)
  6. ^ 富小路重直の子
  7. ^ 澤忠量の次男
  8. ^ 日野資枝の次男
  9. ^ 柳原光愛の五男
  10. ^ 鴨脚光紹の子
  11. ^ 森賞久の子
  12. ^ 南相栄の末子
  13. ^ 松室重禄の次男
  14. ^ 細川常典の三男、明治16年(1883年)12月28日廃嫡(『平成新修旧華族家系大成』上巻、495頁)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]