北小路功光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

北小路 功光(きたこうじ いさみつ、1901年明治34年)4月23日 - 1989年平成元年)2月27日)は、昭和時代の歌人。戦前には子爵。父は子爵・北小路資武(すけたけ)。母は歌人として知られる柳原白蓮(柳原燁子)。昭和天皇と又従兄弟(同年同月生まれ)にあたる。

略歴[編集]

1901年(明治34年)、東京で生まれる。一家は困窮のため、北小路家縁の京都鞍馬口へ転居する。功光が5歳のときに両親が離婚したため、祖母・久子によって育てられた。1942年昭和17年)7月15日に子爵を襲爵する。

同志社中学から学習院を経て東京帝国大学文学部中退。オーストラリア・シドニー大学講師などを歴任する。小説なども手がけたが成功しなかった。1964年、「ミクロコスモス」が文藝賞の佳作に入選する。

歌集に『説庵歌帖』(私家版)他があり、母柳原白蓮への愛憎がテーマとなっている。著書に『香道への招待』(宝文館出版、1978年1月)がある。

母との関係[編集]

北小路家柳原家と元々縁戚であり、伯父にあたる柳原義光夫妻の世話を受け、中学は東京の柳原邸から学習院へ通った。母・燁子が伊藤伝右衛門と再婚し、歌人として『踏絵』を出版した頃、義光夫妻の計らいで功光と燁子が旅館の島屋で対面したが、親子の情愛はなかったという。燁子と婚姻中の傳右衛門からは毎月相当額の功光の学費が送られていた。燁子が傳右衛門と離婚した後、再々婚した宮崎家に、功光は下宿して東京大学へ通っている。燁子が紹介した相手を含めて、4度の結婚と離婚を繰り返した。

功光が記憶している北小路家時代の燁子の姿は「着物を着替えているときの、目のさめるような長襦袢姿」のみである。81歳の時に受けた永畑道子の取材で、功光は燁子を「あの女」と呼び、母への愛憎を窺わせている。[要出典]燁子は功光に対する想いは何も語っていない。父の資武は1933年(昭和8年)に詐欺・恐喝事件を起こして検挙されている。

著書[編集]

  • 童子照麿 (聚芳閣 1924年)
  • 乳 (聚芳閣 1926年)
  • 香道への招待 (宝文館出版 1969年)
  • 説庵歌集 (宝文館出版 1970年)
  • 修学院桂離宮 後水尾天皇の生涯 (平凡社(歴史と文学の旅) 1973年)
  • 花の行方 後水尾天皇の時代 (駸々堂出版 1973年)
  • 説庵歌帖 (樹木社 1975年)
  • 説庵歌冊 (私家版 1978年12月)
  • 説庵歌抄 (私家版 1982年8月)
  • 香道への招待 (北小路成子共著 淡交社 2004年8月)

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
北小路資武
子爵
名家北小路家第3代
1942年 - 1947年
次代:
華族制度廃止