北奥千丈岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北奥千丈岳
Mt.Kitaokusenjodake from Mt.Kinpu 01.jpg
金峰山から望む北奥千丈岳(中央)と国師岳(左)
(2007年10月撮影)
標高 2,601 m
所在地 日本の旗 日本
山梨県山梨市
位置 北緯35度52分07秒
東経138度40分15秒
座標: 北緯35度52分07秒 東経138度40分15秒
山系 奥秩父山塊
北奥千丈岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

北奥千丈岳(きたおくせんじょうだけ)は山梨県山梨市にある標高2,601 mで、奥秩父山塊最高峰

概要[編集]

北奥千丈岳の名は、4 kmほど離れた奥千丈岳 (2,409 m) の北に位置することからついた。奥秩父の最高峰であるが、主稜線からは少し外れている。周辺の国師岳 (2,592 m) や金峰山 (2,599 m) と比べると知名度はやや劣るものの、眺望はよく、晴れた日にはほぼ360度の展望が開ける。

登山道[編集]

川上牧丘林道・峰越林道で標高2,360 mの大弛峠まで車で入れるため、登山は容易なものとなっている。大弛峠から山頂までは約1時間の行程である。しかし標高2,500 mを超える高山であるため、6月に入っても残雪があることも多い。

大弛峠までの林道が開通するまでよく使われていた、乾徳山から黒金山・奥千丈岳を経由する山道は、その後まったくすたれている。

周辺にある小屋[編集]

隣接する山[編集]

画像[編集]

外部リンク[編集]