北埠頭駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北埠頭駅
駅舎(2012年9月)
駅舎(2012年9月)
きたふとう - Kita Futo
PL08 中埠頭 (0.5km)
(0.9km) 中公園 P04
所在地 神戸市中央区港島中町二丁目
駅番号  PL09 
所属事業者 神戸新交通
所属路線 ポートアイランド線(ポートライナー)
キロ程 1.7km(市民広場起点)
三宮から5.5km
駅構造 高架駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
1,068人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1981年(昭和56年)2月5日

北埠頭駅
配線図

中埠頭駅

uSTRf
uSTR+BSr
uSTR+BSr
uSTRlf uSTRl

中公園駅

北埠頭駅(きたふとうえき)は、兵庫県神戸市中央区港島中町二丁目(ポーアイ1期地区)に位置する神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)のである。駅番号PL09

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ高架駅である。中公園方面に向かって右側にプラットホームがあり、中公園・三宮方面の列車が発着する。逆方向や神戸空港駅行きの列車は発着しないため、中埠頭駅・神戸空港駅方面に向かうには、次の中公園駅で乗り換える必要がある。

駅舎は、2階がコンコース、3階がプラットホーム。改札内にはエレベーターエスカレーター、多目的トイレなどがある。道路を挟んだ駅東側歩道と、駅西側の北埠頭デッキプラザまでペデストリアンデッキによって結ばれている。この北埠頭駅ビル内にエレベーターが設置されている。

のりば[編集]

三宮方面・神戸空港方面(中公園駅のりかえ)

ダイヤ[編集]

日中時間帯は1時間あたり6本発車する。朝ラッシュ時は約4~7分間隔で発車する。

案内上の扱い[編集]

三宮駅を発車した当駅を経由する列車は、中公園駅まで北埠頭行きとして、みなとじま駅市民広場駅北埠頭経由三宮行きとして案内され、単線区間の南公園駅以降は三宮行きとして案内される[1]

なお、神戸空港駅方面が開通するまでは、三宮駅からポートターミナル駅ではポートアイランド方面ゆき、中公園駅では三宮(市民病院前経由)ゆきとして案内され、当時は市民病院前駅(現:みなとじま駅)より単線区間であったため、そこから三宮ゆきとして案内されていた。また、全線均一運賃であったポートライナーの定期券には「三宮 - 北埠頭」と記載されていた[2]

利用状況[編集]

2013年度の1日あたりの平均乗車人員は1,068人で、神戸新交通の駅では第16位、ポートアイランド線では第11位。

1989年(平成元年)以降の年度別1日平均乗車人員の推移は下記の通りである[3]

年度 1日平均
乗車人員
1989年(平成元年) 1,737
1990年(平成02年) 1,704
1991年(平成03年) 2,167
1992年(平成04年) 2,292
1993年(平成05年) 2,162
1994年(平成06年) 2,113
1995年(平成07年) 1,621
1996年(平成08年) 2,186
1997年(平成09年) 1,918
1998年(平成10年) 1,784
1999年(平成11年) 1,775
2000年(平成12年) 1,661
2001年(平成13年) 1,751
2002年(平成14年) 1,707
2003年(平成15年) 1,710
2004年(平成16年) 1,720
2005年(平成17年) 1,650
2006年(平成18年)
2007年(平成19年) 1,126
2008年(平成20年) 1,161
2009年(平成21年) 1,137
2010年(平成22年) 1,121
2011年(平成23年) 1,077
2012年(平成24年) 1,038
2013年(平成25年) 1,068

駅周辺[編集]

進行方向向かって右側が埠頭になっており、多くの倉庫やコンテナヤードが並ぶ。

隣の駅[編集]

神戸新交通
ポートアイランド線
普通(中公園・三宮方面への一方向のみ運行)
中埠頭駅 (PL08) → 北埠頭駅 (PL09)中公園駅 (P04)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ポートライナーのダイヤ改正 (PDF) 神戸新交通プレスリリース、2011年3月14日(2011年7月1日閲覧)。
  2. ^ 運賃変更のQ&A (PDF) 神戸新交通、2011年7月1日閲覧。
  3. ^ 神戸市統計書 - 神戸市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]