北向山不動院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
不動院
所在地 京都府京都市伏見区竹田浄菩提院町61
位置 北緯34度57分7.5秒
東経135度45分10.5秒
山号 北向山
宗派 天台宗単立
本尊 不動明王
創建年 大治5年(1130年
開山 覚鑁
開基 鳥羽上皇
正式名 北向山不動院
札所等 近畿三十六不動尊第22番
法人番号 6130005001702 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

北向山不動院(きたむきざんふどういん)は、京都市伏見区にある天台宗系の単立寺院近畿三十六不動尊第22番札所。山号は北向山。開山覚鑁本尊重要文化財康助作の不動明王像。

歴史[編集]

大治5年(1130年)、病にかかった鳥羽上皇はその病気平癒の祈祷を自らが帰依している真言宗の僧覚鑁に行わせたところ、不動明王が出現するなどして上皇は回復した。その後、上皇は勅命により覚鑁を開山として当寺院を建立し、勅願寺とした。

不動明王を本尊とし、平安京を鎮護する意味もあって不動明王像は北の平安京に向けられている。それによって「北向山」の名が付けられた。久寿2年(1155年)には播磨国大国庄を寺領として藤原忠実が境内の整備にあたった。

現在の本堂は正徳2年(1712年)に霊元天皇によって東山天皇の御殿を移築したものである。鐘楼にかかる梵鐘には済深親王の銘があり、元禄7年(1694年)に名越浄味によって鋳造されたものである。

「一願の護摩」といい、不動明王にその願いを聞いていただける、といわれている。

境内[編集]

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 木造不動明王坐像 - 康助作。

所在地[編集]

京都市伏見区竹田浄菩提院町61

札所[編集]

交通アクセス[編集]

  • JR京都駅より近鉄京都線に乗換え、地下鉄と共有の「竹田駅」下車、6番出口を出て徒歩約10分。

外部リンク[編集]