北原糸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北原 糸子(きたはら いとこ、1939年10月29日 - )は、日本の歴史学者。歴史地震研究会前会長。日本の災害史研究が専門。

来歴[ソースを編集]

山梨県生まれ。1960年安保闘争の中でのちの夫と出会う。1962年津田塾大学学芸学部英文科卒。1971年東京教育大学大学院文学研究科日本史専攻修士課程修了。99年「都市と貧困の社会史 江戸から東京へ」で成城大学より博士(文学)を取得。主婦をしながら大学非常勤講師営団地下鉄遺跡調査会、神奈川大学歴史民俗資料学研究科特任教授、立命館大学歴史都市防災研究センター教授、2010年特別招聘教授。国立歴史民俗博物館客員教授、2014年退任。

著書[ソースを編集]

  • 安政大地震と民衆 地震の社会史』三一書房 1983 「地震の社会史 安政大地震と民衆」講談社学術文庫
    • 『地震の社会史 安政大地震と民衆』吉川弘文館 読みなおす日本史 2013
  • 『都市と貧困の社会史 江戸から東京へ』吉川弘文館 1995
  • 磐梯山噴火 災異から災害の科学へ』吉川弘文館 ニューヒストリー近代日本 1998
  • 『江戸城外堀物語』ちくま新書 1999 「江戸の城づくり 都市インフラはこうして築かれた」ちくま学芸文庫
  • 『災害ジャーナリズム むかし編』歴史民俗博物館振興会 歴博ブックレット 2001
  • 『近世災害情報論』塙書房 2003
  • 関東大震災の社会史』朝日選書 2011
  • 『メディア環境の近代化 災害写真を中心に』御茶の水書房 神奈川大学評論ブックレット 2012
  • 『津波災害と近代日本』吉川弘文館 2014
  • 『日本震災史 復旧から復興への歩み』ちくま新書 2016

共編著[ソースを編集]

翻訳[ソースを編集]

  • マイケル・バークン『災害と千年王国』新評論 1985

参考[ソースを編集]