北の達人コーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 北の達人コーポレーション
Kitanotatsujin Corporation
Kitanotatsujin Corporation Logo with slogan.jpg
本社が入居するビル.jpg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2930
2014年11月21日上場
札証 2930
2012年5月29日上場
略称 北の達人
本社所在地 日本の旗 日本
060-0807
北海道札幌市北区北7条西1丁目1番地2
設立 2002年5月1日[1]
業種 食料品
法人番号 8430001028254
事業内容 オリジナル健康食品、化粧品、雑貨の企画、開発、製造、販売事業
代表者 木下勝寿(代表取締役社長
資本金 2億7399万円(2018年10月31日現在)[1]
発行済株式総数 141,072,000株(2018年10月31日現在)[2]
売上高 52億9246万円(2018年2月期)
75億8992万円(2019年2月期見込)[1]
従業員数 112名(2018年10月31日現在)[1]
決算期 2月
主要株主 木下勝寿
外部リンク http://www.kitanotatsujin.com
テンプレートを表示

株式会社北の達人コーポレーション(きたのたつじんコーポレーション)は、北海道札幌市に本社を置く通信販売会社。東京証券取引所および札幌証券取引所上場企業である(証券コード:2930)。

事業[編集]

現在同社は自社オリジナルの健康食品化粧品を主にeコマースで販売する企業である。

2000年5月、ウェブサイト「北海道・しーおー・じぇいぴー(2011年2月に譲渡)」を開設し、北海道特産品のインターネット販売を行うEコマース事業を開始した。

2009年3月、商号を「株式会社北の達人コーポレーション」に変更した。また、以前より開始していたオリジナル健康美容商品の製造販売事業を事業の中心に据えるべく、事業の選択と集中を図り、2011年2月、「北海道・しーおー・じぇいぴー」、「わけありグルメニュース」、「北海道わけあり市場」の3サイトを、株式会社インサイトに譲渡した[3]

その後、健康美容商品等などの商品開発を行い、通販サイト「北の快適工房」を中心とした販売事業を展開している。 2012年4月20日、札幌証券取引所が北の達人コーポレーションのアンビシャス市場への株式上場を承認したと発表し[4]、同年5月29日、同市場に上場した[5][6]。2013年3月13日に、札幌証券取引所により札幌証券取引所本則市場への市場変更の承認を受け、同月27日に市場変更となった[7]

2014年10月31日、東京証券取引所が北の達人コーポレーションの市場第二部への株式上場を承認、同年11月21日に新規上場した。

また、2015年11月17日には東京証券取引所が北の達人コーポレーションの市場第一部指定を承認しており、同年11月24日に同市場第一部銘柄に指定された。

沿革[編集]

  • 2000年5月 - ウェブサイト「北海道・しーおー・じぇいぴー」を立ち上げ、北海道特産の食品のインターネット販売を開始[8]
  • 2002年5月 - 株式会社北海道・シーオー・ジェイピーを大阪市淀川区に資本金1千万円で設立[8]
  • 2002年9月 - 商材開発強化を目的として、北海道札幌市中央区北1条西2丁目に本店を移転[8]
  • 2006年5月 - 業容拡大に伴い、北海道札幌市北区北7条西2丁目に本店を移転[8]
  • 2009年3月 - 「株式会社北の達人コーポレーション」に商号変更[8]
  • 2010年9月 - プライバシーマークを取得(認定番号 第26000084号)[8]
  • 2010年11月 - 業容拡大に伴い、北海道札幌市北区北7条西1丁目に本店を移転[8]
  • 2011年2月 - 「北海道・しーおー・じぇいぴー」「わけありグルメニュース」「北海道わけあり市場」の3サイトの運営を譲渡[3]
  • 2012年5月 - 札幌証券取引所アンビシャス市場に上場[8]
  • 2013年2月 - 主力商品の『カイテキオリゴ』が米国財団法人野口医学研究所の品質推奨品として認定[9]
  • 2013年3月 - 札幌証券取引所本則市場に市場変更[8]
  • 2013年6月 - 100%出資子会社「株式会社オーダーコスメジャパン」設立[8]
  • 2014年2月 - サッカーJリーグ北海道コンサドーレ札幌」と2014年シーズンのクラブパートナー契約を締結[8]
  • 2014年11月21日 - 東京証券取引所市場第二部へ上場[8]
  • 2015年3月 - サッカーJリーグ「北海道コンサドーレ札幌」とのクラブパートナー継続とWEBプロモーションの業務提携が決定した [8]
  • 2015年11月17日 - 東京証券取引所市場第一部指定承認[8]
  • 2015年11月24日 - 東京証券取引所市場第一部指定[8]
  • 2015年12月21日 - 同社初の海外拠点である台湾支社の営業開始[8]
  • 2016年2月 - サッカーJリーグ「北海道コンサドーレ札幌」とのクラブパートナー継続[8]
  • 2017年5月 - 『紅珠漢(こうじゅかん)』が同社初の機能性表示食品として受理される[8]
  • 2018年8月 ‐ 「JPX日経中小型株指数」構成銘柄への選定[8]

事業所[編集]

特色[編集]

同社のEコマース事業は、少数アイテムに特化した販売方式を採用している。同社の有価証券報告書[10]によると、その狙いは顧客フォローを徹底し、顧客満足度の向上を重視することによって定期購入者たるリピーターを増やし、売上の着実な増加を図り、収益基盤を安定させることにある。

CM[編集]

同社では、インターンシップ制度を積極的に利用している。その一環として、進学を機に北海道を離れた学生が帰省等で北海道へ戻ってくるタイミングで、インターンシップに関するCMを放映し、インターンシップに参加する学生を募ると共に同社の認知度アップを図った。

CSR活動[編集]

ワールド・ビジョン・ジャパン」のチャイルドスポンサーシップ活動を行っている。[11]

受賞歴・評価歴[編集]

  • フォーブス アジア「Asia's 200 Best Under A Billion」2度目の選出(2018年9月)[12]
  • 紺綬褒章を受章(2018年3月)[13]
  • 革新的かつ潜在成長力の高い事業や、地域の活性化に資する事業を行う、志の高いベンチャー企業の経営者を称える表彰制度「Japan Venture Awards 2017」において、代表取締役社長 木下勝寿が「eコマース推進特別賞」を受賞(2017年)[14]
  • モンドセレクション最高金賞
カイテキオリゴ(2012年〜2018年)[15]
みんなの肌潤糖アトケアタイプ(2013年〜2018年)[16]
みんなの肌潤糖クリアタイプ(2015年〜2018年)[17]
  • モンドセレクション金賞
二十年ほいっぷ(2013年〜2018年)[18]
アイキララ(2016年〜2018年)[19]
ヒアロディープパッチ(2017年~2018年)[20]
リンキーフラット(2018年)[21]
ビルドメイク24(2018年)[21]
クリアネイルショット アルファ(2018年)[21]
CARE NANO PACK-ケアナノパック-(2017年)[22]
紅珠漢(2012年〜2014年)[23]
  • モンドセレクション銀賞
クリアフットヴェール(2018年)[24]
メイミーホワイト60(2018年)[24]
ルミナピール(2018年)[24]
リッドキララ(2018年)[24]
ずきしらずの実(2016年)[24]
北の大地の夢しずく(2014年)
カイテキどかスリム茶(2012年〜2013年)[25]
  • モンドセレクション銅賞
モサイン(2016年)[26]
えぞ式すーすー茶(2014年)
  • 札幌証券取引所 年間功労賞(2012年 - 2013年[27]、2015年[28])
  • 札幌商工会議所 北のブランド[食品部門]にカイテキオリゴが認証(2012年〜2016年)
  • 2015年9月 新たな事業領域に挑戦する企業家の努力と功績を称える国際的な起業家表彰制度[EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2015ジャパン]北海道ブロック代表に代表取締役社長 木下勝寿が選出[29]
  • 2015年3月 東洋経済ONLINEの「新・企業力ランキング トップ200」において78位(上場企業からピックアップした3,334社中)にランキングされた。[30][31]
  • 米国の経済誌Forbesアジア版、フォーブス・アジア[2014年8月号]が選出するAsia's200BestUnderABilion賞を受賞(2014年)[32]
  • 北海道食品機能性表示制度[愛称:ヘルシーDo]に『紅珠漢』が認定(2014年)[33]
  • 経済産業省 北海道経済産業局長顕彰に選定(2014年)[34]
  • 経済産業省 中小企業IT経営力大賞[経済産業大臣賞]受賞(2014年)[35]
  • 経済産業省 中小企業IT経営力大賞 IT経営実践企業認定(2010年-2013年)[36][37][38][39]
  • 北海道IT経営貢献賞受賞(2010年〜2011年)
  • 環境・CSR経営世界ベスト100認定(2010年)
  • 日本オンラインショッピング大賞 最優秀中規模部門賞受賞(2006年、2008年)[40]
  • 日本のIT経営百選 優秀賞受賞(2006年)
  • 北海道IT経営表彰受賞(2006年)
  • ネットマイルオンラインショップ大賞 フード部門銀賞(2005年)
  • OSMC 最優秀実践者賞受賞(2004年)
  • 日本オンラインショッピング大賞 奨励賞受賞(2004年)[40]
  • ネットマイルオンラインショップ大賞 総合大賞受賞(2004年)
  • ネットマイルオンラインショップ大賞 フード部門金賞(2004年)
  • 日経BP社主催「日経ベストショップ」 最高評価の5つ星評価(2001年)

業績推移[編集]

回次/決算年月 売上高 経常利益 当期純利益
第8期/2009年(平成21年)2月期 544,487 49,688 31,679
第9期/2010年(平成22年)2月期 683,846 136,996 79,930
第10期/2011年(平成23年)2月期 739,113 92,587 59,488
第11期/2012年(平成24年)2月期 807,771 141,864 90,099
第12期/2013年(平成25年)2月期 1,380,470 273,875 159,484
第13期/2014年(平成26年)2月期 1,782,386 386,158 236,118
第14期/2015年(平成27年)2月期 1,940,660 446,584 268,768
第15期/2016年(平成28年)2月期 2,222,440 393,223 226,777
第16期/2017年(平成29年)2月期 2,696,859 538,497 356,728
第17期/2018年(平成30年)2月期 5,292,463 1,403,984 948,370

株価推移[編集]

年月 分割調整後終値(円) 時価総額(億円)     
2012年5月29日(新規上場時) 5.10 6.17
2012年8月 11.21 13.57
2013年2月 29.37 35.83
2013年8月 25.39 31.19
2014年2月 31.04 38.36
2014年8月 34.83 43.28
2015年2月 32.54 43.09
2015年8月 45.00 59.74
2016年2月 39.75 52.79
2016年8月 35.83 47.65
2017年2月 51.50 68.49
2017年8月 194.17 258.26
2018年2月 712.00 947.01
2018年8月 576.00 812.57
2018年10月 582.00 821.03

出典[編集]

  1. ^ a b c d 北の達人コーポレーション 会社概要” (日本語). 北の達人コーポレーションホームページ (2013年8月31日). 2013年9月11日閲覧。
  2. ^ 北の達人コーポレーション 株式情報” (日本語). 北の達人コーポレーションホームページ (2013年8月31日). 2013年9月11日閲覧。
  3. ^ a b 事業の一部譲受けに伴うインターネット通販サイト運営開始のお知らせ (PDF)” (日本語). 株式会社インサイト (2011年1月27日). 2013年1月6日閲覧。
  4. ^ 新規上場承認について (PDF)” (日本語). 札幌証券取引所 (2012年4月20日). 2013年1月6日閲覧。
  5. ^ 北の達人コーポレーションが札証アンビシャス上場、木下勝寿社長は関西出身、事業失敗で再起目指し北海道に移住した変り種” (日本語). 北海道リアルEconomy (2012年5月30日). 2013年1月7日閲覧。
  6. ^ 札証大納会で小池善明理事長「近来にない活況の1年」と強調、アンビシャス市場売買代金は181億円強で札証復活の牽引役” (日本語). 北海道リアルEconomy (2012年12月29日). 2013年1月7日閲覧。
  7. ^ 北の達人コーポレーション お知らせ (PDF)” (日本語). 北の達人コーポレーションホームページ (2013年3月27日). 2013年4月17日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 北の達人コーポレーション 沿革” (日本語). 北の達人コーポレーションホームページ (2012年12月31日). 2015年1月4日閲覧。
  9. ^ 北の達人コーポレーション お知らせ (PDF)” (日本語). 北の達人コーポレーションホームページ (2013年2月1日). 2013年2月22日閲覧。
  10. ^ 北の達人コーポレーション 第11期有価証券報告書 (PDF)” (日本語). 北の達人コーポレーションホームページ (2012年12月31日). 2013年1月5日閲覧。
  11. ^ 北の達人コーポレーションホームページ CSR活動2017年9月14日閲覧
  12. ^ フォーブス アジア「Asia's 200 Best Under A Billion」2度目の選出に関するお知らせ”. 2018年9月28日閲覧。
  13. ^ 紺綬褒章受章のお知らせ”. 2018年3月9日閲覧。
  14. ^ JAPAN VENTURE AWARDS2017受賞者一覧2017年9月13日閲覧
  15. ^ モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  16. ^ モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  17. ^ モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  18. ^ モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  19. ^ モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  20. ^ モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  21. ^ a b c モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  22. ^ モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  23. ^ モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  24. ^ a b c d e モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  25. ^ モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  26. ^ モンドFAN!Navi受賞商品2017年9月13日閲覧
  27. ^ 札幌証券取引所「2013年間功労賞」表彰式2017年9月13日閲覧
  28. ^ 札幌証券取引所「2015年間功労賞」2017年9月13日閲覧
  29. ^ EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2017年9月12日閲覧
  30. ^ [1]
  31. ^ 最新版!「新・企業力ランキング」トップ200東洋経済オンライン
  32. ^ Forbs Asia's 200 Best Under A Bilion2017年9月14日閲覧
  33. ^ 北の達人コーポレーションホームページ 『紅珠漢』が北海道食品機能性表示制度【愛称:ヘルシーDo】に認定されました!(平成26年9月3日)内の2ページ目 認定書参照2017年9月14日閲覧
  34. ^ 経済産業省 北海道経済産業局2017年9月14日閲覧
  35. ^ 経済産業省 「中小企業IT経営力大賞2014」結果発表2017年9月14日閲覧
  36. ^ 経済産業省 「中小企業IT経営力大賞2010」結果発表2017年9月14日閲覧
  37. ^ 経済産業省 「中小企業IT経営力大賞2011」結果発表2017年9月14日閲覧
  38. ^ 経済産業省 「中小企業IT経営力大賞2012」結果発表2017年9月14日閲覧
  39. ^ 経済産業省 「中小企業IT経営力大賞2013」結果発表2017年9月14日閲覧
  40. ^ a b 日本オンラインショッピング大賞 過去の受賞者” (日本語). 日本オンラインショッピング大賞. EC研究会. 2013年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]