化野燐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

化野 燐(あだしの りん、1964年(昭和39年) - )は、日本妖怪研究家、評論家小説家。東アジア恠異学会会員。岡山県出身。1999年、アトリエOCTA刊行季刊『幻想文学』56号に投稿した評論「くだんの故郷」が掲載され、以降、同誌への他に水木しげる創案の季刊妖怪マガジン『怪』へ評論を寄せるなどしている。2005年には講談社より小説家としてもデビュー。

作品[編集]

評論[編集]

小説[編集]

人工憑霊蠱猫シリーズ[編集]

講談社ノベルス版、toi8によるイラスト、京極夏彦によるカバー・デザイン

考古探偵一法師全シリーズ[編集]

角川文庫版、ワカマツカオリによるイラスト

対談集[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]