きむらはじめ (漫画原作者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
勝鹿北星から転送)
移動先: 案内検索

きむら はじめ1946年1月3日 - 2004年12月7日)は、漫画原作者。本名菅伸吉(すが しんきち)。きむらはじめ以外にも勝鹿北星(かつしか ほくせい)、ラデック・鯨井(ラデック・くじらい)などのペンネームで活動していた[1][2]

人物[編集]

千葉県生まれ。1967年小樽商科大学卒業後、電通に入社[要出典]。PR担当として働く傍ら漫画原作を手がけるようになる。代表作は、『ゴルゴ13』、『なんか妖かい!?』、『ホットDOC』、『MASTERキートン』、『SEED』など。歴史、国際情勢、文化人類学動物行動学、環境保護[3]などの幅広い取材知識をもとにした人情味あるストーリーが特徴である。2004年12月7日で死去、享年58。
葬儀は無宗教で献花のみ親族を中心に行われお礼返し(香典返しにあたるもの)につやまあきひことの共作「マジンジラ[2]」が手渡された。表舞台に立つことは無かったが自然保護活動家として地道な活動に参加していた[4]

2005年5月の『週刊文春』において、『MASTERキートン』連載中、作画の浦沢直樹及び編集者の長崎尚志と、勝鹿の友人の雁屋哲との間に、著作者表示と印税の分与に関するトラブルが生じ、同作品の単行本が絶版状態にあると報じられた。その後、同作が再刊された際、勝鹿と長崎・浦沢が連名で「脚本」として表記された。(詳細はMASTERキートン#著作者表示の変更についての項目を参照)

代表作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『SEED』全10巻(ヤングジャンプ・コミックスBJ)カバー折り返し解説文より
  2. ^ ラデック・鯨井の取材裏話
  3. ^ 福岡正信を私淑し様々な環境問題勉強会に参加していた。
  4. ^ 上岡裕らのエコロジーオンライン[1]など。

外部リンク[編集]