勝浦漁港 (和歌山県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勝浦漁港
勝浦漁港の観光桟橋

勝浦漁港(かつうらぎょこう)は、和歌山県那智勝浦町にある第3種漁港。日本有数のマグロ漁業基地である。周辺は吉野熊野国立公園に指定されている。

概要[編集]

所在地の那智勝浦町世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道)である熊野那智大社那智の滝をはじめ多くの観光地を抱え、南紀勝浦温泉などと共に勝浦漁港も観光地となっている。

日本有数のマグロ延縄の漁業基地として有名で、陸揚量は焼津漁港静岡県)、三崎漁港神奈川県)に次いで全国第3位。生鮮マグロの水揚高は日本一を誇る。またふかひれも生産している。

温泉街と接しているという立地から、観光客が多く訪れる。観光客向けの遊歩道や休憩施設(足湯)などが整備され、観光資源となっているほか、地場産品を販売する朝市が開かれている。

  • 管理者:和歌山県
  • 漁業協同組合:勝浦
  • 組合員数:181
  • 漁港番号:3330040
  • 登録漁船:208隻        
  • 利用漁船:618隻       
  • 属地陸揚量:14,236t        

沿革[編集]

主な魚種[編集]

所在地・アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]