勝川春童

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勝川 春童(かつかわ しゅんどう、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

勝川春章の門人。初めは春章の師である宮川春水の門人であったといわれる。本姓は林、名は春道。画姓に勝、勝川を使用し、祥用、蘭徳斎、春童、のちに春道と号す。春章門人では最古参であった。主に安永から寛政の頃に春章風の細判役者絵を描き、黄表紙などの挿絵も多い。武者絵絵暦などにも筆を染めている。

作品[編集]

  • 「二代目市川八百蔵の死絵」 細判錦絵 チェスター・ビーティ図書館所蔵 ※安永6年(1777年
  • 「九代目市村羽左衛門」 細判錦絵 大英博物館所蔵 ※安永 - 天明初期
  • 「船宿ささや前の二世中村五郎と三世大谷広次」 細判2枚続錦絵 安永4年 
  • 「二世中村五郎」 細判錦絵 安永
  • 「三世瀬川菊之丞」 細判錦絵 安永
  • 「五世市川団十郎」 細判錦絵 安永
  • 「上杉謙信と一七将の図」 大判錦絵 寛政
  • 「内裏雛」 大判2枚続 錦絵 
  • 『管巻』 噺本 糟喰人月風作 安永6年
  • 『鞍馬天狗三略巻』 黄表紙 宮村杏李作 天明4年
  • 『亀子出世』 黄表紙 天明8年 

参考文献[編集]