勘解由小路在富

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
勘解由小路在富
時代 戦国時代
生誕 延徳2年2月5日1490年2月24日
死没 永禄8年8月10日1565年9月4日
改名 在秀(初名)→在富
官位 正二位非参議
主君 後柏原天皇後奈良天皇正親町天皇
氏族 勘解由小路家(賀茂氏系)
父母 父:勘解由小路在重、母:町顕郷
兄弟 在富在康
在昌
養子:在種
後継者:在高
テンプレートを表示

勘解由小路 在富(かでのこうじ/かげゆこうじ あきとみ/ありとみ)は、戦国時代公卿陰陽師従三位非参議勘解由小路在重の子。官位正二位・非参議。勘解由小路家(賀茂氏系)の事実上の最後の当主。

経歴[編集]

勘解由小路在重の子として誕生。母は町顕郷の娘。初名は在秀。

永正4年(1507年)に従五位下兵部少輔に叙任される。永正9年(1512年)に暦博士、永正11年(1514年)に兼任して陰陽頭に任命された。以後、左馬頭宮内卿なども兼務しながら、陰陽頭を大永2年(1522年)、暦博士を天文2年(1533年)まで務めた。この間の享禄4年(1531年)には従三位に昇る。また、大永2年より天文6年(1537年)まで宮内卿を務め、陰陽師としてだけでなく後奈良天皇の側近としても活躍した。この功績によって天文5年(1536年)には従二位、更に天文20年(1551年)にはこの家系では初めて正二位に昇進した。なお、この時期に北条氏綱を頼って相模国に下ったものの、天文11年(1542年)に所領の丹後国に退いて陰陽頭としての職務を行わない土御門有脩に代わって陰陽頭の職務を代行するために呼び戻された。

弟・在康の子である在種を養子としたが、天文20年(1551年3月14日、在種は在富によって「横死」させられた[1]。唯一の息子である賀茂在昌は、永禄2年(1559年)、ガスパル・ヴィレラらの上洛の折にキリシタンとなり、永禄7年(1564年)には妻子を連れて京を出奔して、西洋天文学を学ぶため豊後府内に留学した。在富は後継者が不在のまま、永禄8年(1565年)死去。

没後には嗣子がなかなか決まらず、安倍氏土御門家から土御門有春の子である在高[2]、さらにその没後は続いて土御門有脩の子である土御門久脩(勘解由小路在綱として改姓改名)を養子に入れて[3]辛うじて存続したものの衰退。キリシタンとなって豊後府内に留学していた在富の息子賀茂在昌安土桃山時代天正5年(1577年)に帰洛して陰陽頭を嗣いだことによって一旦は相続問題解消したと思われたが、江戸時代初期、賀茂在昌の息子と思われる勘解由小路在信[4]の代に至って消息不明となり断絶した。

在富の息子と孫に当たると思われる賀茂在昌勘解由小路在信については不明な点が多く、在富の代で賀茂氏勘解由小路家は実質絶家したものと見なされることが多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]