動物画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
の動物画

動物画(どうぶつが / : zoological art)とは、博物画の一種で、生きている動物を写実的に描いた絵画のことを指す。厳密には、さらに外形を描く肖像画: portait)と内部を描く解剖画: anatomical art)に区分される[1][2]。なお、生きている動物を描くものであるため、死んだ動物を描いても動物画にはならず、こちらは静物画となる。

歴史[編集]

動物画の歴史は、先史時代ラスコーアルタミラなどの洞窟壁画にまで遡ることができるため、極めて古い絵画のジャンルである。動物は古くから人間と深い関わりを持つため、人間は歴史画風景画などあらゆる絵画に動物を描いた[3][4]17世紀オランダ18世紀フランスに動物画を専門とする画家「動物画家」が現れたり、18世紀のイギリスで動物画が流行するなどした。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 日本グラフィックデザイナー協会 教育委員会, ed. (2000-04-10), VISUAL DESIGN3 イラストレーション 改訂新版, 東京: 六耀社, ISBN 4-89737-374-3 (出典部分の筆者は荒俣宏。第1版は1993年刊行。)
  • 京都造形芸術大学, ed. (1998-05-20), イラストレーションの展開とタイポグラフィの領域, 情報デザインシリーズ, Vol.1, 東京: 角川書店, ISBN 4-04-651401-9  (出典部分の筆者は榎本了壱。)