動物園にて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
動物園にて
サイモン&ガーファンクルシングル
初出アルバム『ブックエンド
B面 59番街橋の歌 (フィーリン・グルーヴィー)
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ニューヨーク、コロムビア・スタジオA(1967年1月8日)
ジャンル フォークロック
時間
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 ポール・サイモン
プロデュース ポール・サイモン、アート・ガーファンクルボブ・ジョンストン[1]
チャート最高順位
サイモン&ガーファンクル シングル 年表
冬の散歩道
(1966年)
動物園にて
(1967年)
フェイキン・イット
(1967年)
ミュージックビデオ
「At The Zoo」 - YouTube
テンプレートを表示

動物園にて」(原題: At the Zoo、旧邦題:「夢の動物園」)は、サイモン&ガーファンクル1967年に発表した楽曲。

概要[編集]

マイク・ニコルズ監督の『卒業』(1967年12月21日公開)のためにポール・サイモンが書き上げた作品であるが、映画のサウンドトラックには選ばれずに終わった。なお『卒業』にはダスティン・ホフマンキャサリン・ロスサンフランシスコ動物園を歩くシーンがある[2]

1967年2月27日、シングル曲として発表された。B面は「59番街橋の歌 (フィーリン・グルーヴィー)」。

同年4月22日から4月29日にかけて2週連続でビルボード・Hot 100の16位を記録し[3][4]、翌1968年4月3日発売のアルバム『ブックエンド』に収録された。

「ある人が言っていた/動物園ではあるゆることが起こるのだと/僕はそれを信じるよ/本当のことだと信じるよ」という歌い出しのあと、セントラル・パーク動物園に住む様々な動物たちが登場する。

演奏はほぼ同じであるものの歌詞が全く異なるデモ・バージョンが存在する。このデモはブートレッグなどで聴くことができる。

絵本[編集]

1991年8月1日、サイモンは本作品をもとにした同名の絵本を出版した[5]。絵はヴァレリー・ミショー。子供向けの本であるためサイモンは「飼育係はラム酒が大好き」「ハムスターたちは事あるごとに興奮する(turn on)」などの表現を穏当なものに改めている。

脚注[編集]