動物の器官形成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

この項では動物の胚発生において内胚葉・中胚葉・外胚葉が内臓に発達する過程としての動物の器官形成(どうぶつのきかんけいせい、: organogenesis、-器官発生とも訳される)について述べる。(原語の "organogenesis" はギリシャ語で「それによって機能が実現するところのもの」を意味する όργανον[1] と、「起源、創造、発生」を意味する γένεσις[2]複合語である。) 人間の場合、着床から3-8週のうちに内臓の発達が始まる。器官形成において、胚葉は陥入、分離、凝縮の3段階を経て分化する。[訳語疑問点] 脊索動物の場合、この段階の初期で発達するのは神経管脊索である。脊椎動物は全て原腸胚から同様に分化する。 脊椎動物は神経堤を発達させ、それが骨、筋肉、末梢神経系といった様々な構造へと分化する。体腔は体節の向きに沿って中胚葉から分離形成される。

形成[編集]

3つの胚葉から形成される各器官は以下のとおりである。

胚葉 カテゴリ 形成器官
内胚葉 全般[3] 消化器
内胚葉 脊椎動物 呼吸器
内胚葉 全般 内分泌器の腺、肝臓膵臓
中胚葉 全般 骨格
中胚葉 全般 循環器の殆ど
中胚葉 全般 消化管の結合組織外皮系
中胚葉 全般 消化器
中胚葉 全般 間葉
中胚葉 全般 中皮
中胚葉 全般 筋肉
中胚葉 全般 腹膜
中胚葉 全般 生殖器
中胚葉 全般 排出系
中胚葉 脊椎動物[4] 脊索中胚葉英語版
中胚葉 脊椎動物 沿軸中胚葉英語版
中胚葉 脊椎動物 中間中胚葉英語版
中胚葉 脊椎動物 側板中胚葉
外胚葉 全般 神経系
外胚葉 全般 外皮系
外胚葉 脊椎動物 皮膚毛髪を含む)
外胚葉 脊椎動物 口腔鼻腔上皮細胞
外胚葉 脊椎動物 水晶体角膜
外胚葉 脊椎動物 メラニン細胞
外胚葉 脊椎動物 末梢神経系
外胚葉 脊椎動物 顔の軟骨
外胚葉 脊椎動物 歯の象牙質
外胚葉 脊椎動物 菱脳中脳前脳
外胚葉 脊椎動物 脊髄運動ニューロン
外胚葉 脊椎動物 網膜
外胚葉 脊椎動物 脳下垂体後葉

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Online Etymology Dictionary” (英語). 2010年10月2日閲覧。 - organ の定義
  2. ^ Online Etymology Dictionary” (英語). 2010年10月2日閲覧。 - genesis の定義
  3. ^ 「全般」カテゴリは、その胚葉を持つ動物の全てあるいは殆どが右に記した器官を形成することを示す。
  4. ^ 「脊椎動物」カテゴリは、その胚葉を持つ脊椎動物の全てあるいは殆どが右に記した器官を形成することを示す。

参考文献[編集]

  • Evers, Christine A., Lisa Starr. Biology:Concepts and Applications. 6th ed. United States:Thomson, 2006. ISBN 0-534-46224-3.