動物の同性愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雄同士のキリン

動物の同性愛(どうぶつのどうせいあい。両性愛も含む)は、自然界において広く見られる。動物の性行動には同じ種の間でさえ様々な形態があり、その行動の動機および含意はまだ十分には理解されていない。

1999年のブルース・ベージミル (Bruce Bagemihl)の研究では、交尾に限られない、同性愛的行動が1500に近い種で観察されることが示されていて、このうち500種については十分な典拠があげられている[1][2] 。なお、本項における「動物」には人間(ヒト)は含まれない。

用語[編集]

同性愛(ホモセクシャル)という用語は1868年にKarl-Maria Kertbenyによって造語されたものであり、本来人間の同性間に見られる性的感情および性行為を記述するためのものであった。動物について同性愛という用語を使用することには主に二つの理由から異論がある。動物の性および動物の性行動の動機となる要因についてはまだ十分には理解されておらず、また同性愛という用語には人間以外の種とは関係のない西洋の文化的含意が多く含まれているためである[3]。それゆえ同性愛的な行動には様々な名称が用いられてきた。動物の同性愛に関しては「ゲイ」や「レズビアン」といった語は使わず、専ら「ホモセクシャル」を用いる。「ゲイ」や「レズビアン」といった単語は人間の性行動に結びついたものと考えられるためである。

動物の選好および動機は常に行動から推測されるものである。したがって、長年にわたって、同性愛という用語は動物の同性愛的行動について用いられている。最近の研究では、同性愛という用語は同性の動物間のあらゆる性行動について使われている[4][5][6][7]

研究[編集]

同性間の性行動は、同性間の性行動に対する社会の態度から生じた観察者の偏見のために、最近まで「公式には」大きな規模で観察されることがなかった。しかし、現在では同性間の性行動は社会性鳥類および哺乳類、特に海洋哺乳類および霊長類において広く観察されている。

同性間の性行動が刑務所内の性行動で見られる優劣関係に類似したオスの社会機構および社会的優位に起源があると考えている研究者もいるが、Joan Roughgarden、Bruce Bagemihl、Paul Vaseyのように、性の社会的機能は個体の優位とは必ずしも関係がなく、群れの中での連携および社会的結びつきを強化するのに役立っていると考える研究者もいる。さらに、機会があるにもかかわらずメスとつがいになるのを拒否し、電気的ショックで分かれさせようとしてもオスと生涯をともにするゲイのペンギンがいることを指摘して、社会機構理論に疑問を投げかける研究者もいる[8][9]。このような同性のつがいに関する報告はまだ裏付けに乏しいものにすぎないが、ヒツジのように単婚ではない種において恒常的なつがいの関係をもった恒常的な同性愛を確認する科学的研究[10]が増加しているのも事実である。

具体例[編集]

ニホンザルの場合、同性間の関係は、群れにより割合は異なるが、頻繁に見られるものである。メスは愛情のこもった社会的および性的な活動を特徴とする「求愛」を行う。関係の継続期間は数日から数週間まで様々だが、このようなきずながメスの4分の1にまで見られる群れもある。また、このようなペアから強くて長続きする友好関係が生まれることもしばしばである。オスもまた典型的には同年齢の複数のパートナーとともに同性間の関係を持つ。このような関係はじゃれあいの多い愛情のこもった活動をともなう[11]

ボノボでは、オスもメスも異性愛的および同性愛的行動を行う。特に注目すべきはメスの同性愛である。ボノボの性行動のおよそ60%は2頭以上のメスの間のものだ。ボノボの同性愛的結合システムはいずれの種においても知られている同性愛の中でも最も頻度の高い同性愛を示しているが、同性愛はあらゆる大型の類人猿について報告されていて、ほかの多くの霊長類もまた同様である[12][13][14][15][16][17][18][19][20]

アフリカゾウおよびアジアゾウのオスは同性間できずなを結び、マウンティングを行う。このような出会いはしばしば、キス、鼻のからみ合わせ、おたがいの口の中に鼻を入れるといった愛情のこもった相互行為をともなう。この出会いは異性愛の営みに類似したもので、オスはしばしば鼻を相手の背中に伸ばして、マウンティングしたいという意図を示す行為を目立たせる。常につかの間の性格の異性愛の関係と違い、オス同士の関係は1頭の年長の個体と1頭または2頭の年少の個体とで構成される「仲間づきあい」になる。同性間の関係はオス・メスのどちらにおいても広く頻繁に見られ、捕獲されたアジアゾウの場合性的出会いのおよそ45%が同性間の活動に向かっている[21]

アメリカバイソンは同性愛行動を一般的にしめすウシ亜科の哺乳類である。オス同士の求愛、マウンティング、肛門への交尾器の挿入が記録されている。また、メス同士のマウンティングはウシではよくみられることだ。さらに、間性のバイソンも存在する[22]

キリンの場合、Bruce Bagemihlによると、交尾するつがいのうちの9割はオス同士である[23]

ヒツジに関する2003年10月のCharles E. Roselli博士ら(オレゴン健康・科学大学)の研究によると、オスの同性愛(雄羊の8%で発見された)は「ヒツジ性的二型核」(oSDN)とよばれる雄羊のの領域と関連がある。同性愛を示すオスのヒツジのoSDNは異性愛のオスのそれの半分の大きさなのだ。

「メスをこのむ雄羊のoSDNはオス指向の雄羊および雌羊のそれよりもかなり大きく、多くのニューロンをふくんでいた。さらに、メス指向の雄羊のoSDNではテストステロンエストラジオール(典型的なオスの性行動を促進すると信じられているエストロゲンの1種)に変換する酵素であるアロマターゼがより高い濃度で作用した。アロマターゼの作用はオス指向の雄羊と雌羊との間では違いがなかった」

「oSDNを構成するニューロンの高密度なクラスターシトクロムP450にアロマターゼを作用させる。oSDN内のアロマターゼmRNAの濃度は雌羊よりもメス指向の雄羊においてかなり高かった。一方、オス指向の雄羊ではその中間の濃度で作用している」。この結果は「性的パートナーの好みの違いは脳の解剖学的構造およびそのエストロゲン合成能力の違いと関連がある」ことを示している[10]

ただし、このヒツジ(この研究でサンプルとなったのは27頭)に関する研究では、2頭のオスがつながれていて2頭のメスがつながれていないという状態の檻のなかで、メスと交尾することができないオスで同性愛がみられたとしているが、この点に欠陥があるという見解が存在することは注意されるべきだ。というのも、ヒツジの交尾は攻撃的な性格のものなので、オスとメスとで異なった扱いをすると、この研究結果は単にオスはメスと交尾できるほど攻撃的にはなれなかったことを証明しているにすぎないという見方もできるからだ。さらに、この研究結果はまだほかの研究によって確認されていない。

シロトキのオスは、水銀の摂取によって同性のつがいを作ることがある[24]。その数は水銀の摂取量が多いほど増え、実験で0.3 ppmの水銀を含んだエサを与えられたグループは、55%のオスが同性とつがいを作った[25]

リスト[編集]

ここでは、同性間の性行動が観察された種を列挙する。

(注)このリストは英語版en:List of animals displaying homosexual behaviorからの翻訳である。

哺乳類[編集]

フクロネコ目オブトスミントプシスタスマニアデビルチャアンテキヌスヒメフクロネコ

カンガルー目アカカンガルーアカクビワラビー、(キノボリカンガルー属アカキノボリカンガルーアカネズミカンガルーアカフサオネズミカンガルー、(カンガルー属エレガントワラビーオオカンガルーオグロワラビークアッカワラビー、(カンガルー属クロカンガルー、(カンガルー属ケナガワラビーコアラ、(イワワラビー属シマオイワワラビー、(カンガルー属スナイロワラビー、(カンガルー属ダマヤブワラビー、(キノボリカンガルー属ドリアキノボリカンガルーフクロギツネ

フクロネズミ目:(イワワラビー属バービッジイワワラビー

モグラ目:(ハリネズミ科オオミミハリネズミ

コウモリ目アブラコウモリ属インドオオコウモリウサギコウモリコウライクビワコウモリコモロオオコウモリトビイロホオヒゲコウモリドーベントンコウモリナミチスイコウモリノレンコウモリハイガシラオオコウモリヤマコウモリ属ロドリゲスオオコウモリ

サル目アカゲザルオランウータン、(マカク属カニクイザルガラゴ属キンシコウ、(マーモセット科クチヒゲタマリン、(マカク属クロザル、(オナガザル亜科ゲラダヒヒ、(オマキザル科コモンマーモセットゴリラ、(オナガザル亜科サバンナモンキーシシオザル、(マーモセット科ジョフロイタマリン、(オマキザル属シロガオオマキザルシロテテナガザル、(オナガザル亜科スーティマンガベイ、(オナガザル亜科タラポアン属チンパンジーテングザル、(マカク属トンケアンモンキー、(オマキザル属ナキガオオマキザルニホンザル、(コロブス亜科ニルギリラングール、(オマキザル属ノドジロオマキザル、(オナガザル亜科パタスモンキーハヌマンラングールフクロテナガザルフサオマキザル、(マカク属ブタオザル、(マカク属ベニガオザルベローシファカボノボ、(マカク属ボンネットモンキーマカク属マントヒヒ、(マカク属ムーアモンキー、(ガラゴ属モホールガラゴ、(マーモセット科ライオンタマリン属リスザル、(マーモセット科ワタボウシタマリン

ツパイ目コモンツパイホソツパイヤマツパイ

ウサギ目ウサギワタオウサギ

ネズミ目:(リス科オリンピックマーモットカナダヤマアラシカンガルーネズミキタリス、(リス科シラガマーモット、(シマリス属チビシマリス、(ネズミ科トゲホップマウスドブネズミネズミ、(リス科ハイイロリスハムスター、(テンジクネズミ属パンパステンジクネズミ、(テンジクネズミ科ブラジルクイ、(テンジクネズミ属ペルーテンジクネズミクイ)、(テンジクネズミ科モコモルモット

ジュゴン目アメリカマナティージュゴン

ゾウ目アジアゾウアフリカゾウ属

ウマ目インドサイウマサバンナシマウマヤマシマウマ、(ウマ科モウコノウマ

ウシ目アカシカアフリカスイギュウアメリカアカシカアメリカバイソン、(シカ科インドキョン、(ウシ科コーブ属ウォーターバックウシ、(ヤギ亜科ウリアル、(シカ科オジロジカガゼル属キョンキリン、(ペッカリー科クチジロペッカリー、(ペッカリー科クビワペッカリー、(ガゼル属グラントガゼル、(イノシシ科ケープイボイノシシ、(ウシ科コーブシフゾウジャコウウシスイギュウスプリングボックダマジカトナカイ、(ガゼル属トムソンガゼルトラ、(ヤギ亜科ドールシープニホンジカ、(ヤギ亜科ノヤギノロジカバッファローバーバリシープ、(シカ科バラシンガジカ、(ヤギ亜科バーラルビクーニャビッグホーンヒツジ、(ヤギ亜科ヒマラヤタール、(ウシ科コーブ属プークーブタプロングホーンペッカリー科ヘラジカマウンテンゴート、(ヤギ亜科マーコール、(ヤギ亜科ムフロンヤギヨーロッパバイソン、(ウシ科コーブ属リーチュエレイヨウ

ネコ目アカギツネアメリカグマアライグマイヌインドライオン、(アシカ科オーストラリアアシカ、(アシカ科キタオットセイキタゾウアザラシキツネ、(マングース科コビトマングースゴマフアザラシセイウチゼニガタアザラシタイリクオオカミタヌキチーターテン、(アシカ科ニュージーランドアシカネコハイイロアザラシハイイログマヒグマブチハイエナホッキョクグマライオンラッコ

クジラ目アマゾンカワイルカイロワケイルカオキゴンドウコククジラコビトイルカシャチシロイルカスジイルカ属スジイルカタイセイヨウセミクジラタイセイヨウマダライルカナガスクジラネズミイルカハシナガイルカハンドウイルカホッキョククジラマイルカ属マッコウクジラ

鳥類[編集]

ダチョウ目アメリカレアエミューダチョウ

コウノトリ目アオアシシギアオサギアデリーペンギンアマサギ、(カモメ科アメリカオオセグロカモメアメリカセグロカモメウミガラス属ウミガラスエリマキシギオオハシウミガラスオオワシオニアジサシカモメ、(カモメ科)カリフォルニアカモメカワウ、(カイツブリ科ギンカイツブリ、(カモメ科)ギンカモメキングペンギンクサシギ属クサシギ、(セイタカシギ族クロセイタカシギ、(カモメ科)クロワカモメコアホウドリゴイサギコサギコフラミンゴコモンシギジェンツーペンギンシュバシコウシュモクドリショウジョウトキ、(カイツブリ科)シラガカイツブリシロエリハゲワシセイタカシギセグロカモメゾウゲカモメチリーフラミンゴハヤブサ属ヒゲペンギン、(サギ科ヒメアカクロサギフンボルトペンギンベニアジサシベニイロフラミンゴミツユビカモメ属ミヤコドリムナグロ属ユリカモメ、(ウ科ヨーロッパヒメウヨーロッパフラミンゴ、(カモメ科)ワライカモメ

カモ目アメリカオシ、(ガン族エジプトガンカナダガン、(ガン族)クビワアカツクシガモコクチョウコスズガモコブハクチョウツクシガモ、(ハクチョウ亜科ナキハクチョウ、(オタテガモ族ニオイガモハイイロガンハクガンマガモミカヅキシマアジワキアカヒドリ

キジ目:(キジ科エリマキライチョウキジオライチョウシチメンチョウニワトリ

ツル目ツル、(クイナ科セイケイ、(クイナ科)タスマニアオグロバン、(クイナ科)ネッタイバン

ハト目カワラバト、(ハト科ジュズカケバトハト

オウム目:(オウム科キエリボタンインココザクラインコ、(オウム科)コハナインコ、(オウム科)コボウシインコ、(オウム科)ジャマイカインコ、(オウム科)ショウジョウインコ、(オウム科)ズグロゴシキインコセキセイインコ、(オウム科)ソデジロインコ、(オウム科)ネズミガシラハネナガインコ、(オウム科)ムジボウシインコ、(オウム科)メキシコインコ、(オウム科)モモイロインコワカケホンセイインコ、(オウム科)ワカナインコ

フクロウ目:(フクロウ科オニアオバズクメンフクロウ

ハチドリ目アンナハチドリ、(カギハシハチドリ亜科ユミハシハチドリ

ブッポウソウ目アオハラニシブッポウソウヒメヤマセミ

キツツキ目:(キツツキ亜科ドングリキツツキ、(キツツキ亜科)ヒメコガネゲラ

スズメ目:(ニワシドリ科アオアズマヤドリアオガラアカカザリフウチョウ、(ハタオリドリ亜科アカガタホウオウ、(アリドリ科アオメウロコアリドリイエスズメ、(カザリドリ亜科イワドリ、(マイコドリ亜科エンビセアオマイコドリ、(ハタオリドリ亜科)オウゴンチョウオオフウチョウカケス、(ムクドリモドキ族キゴシツリスドリ、(ハタオリドリ亜科)キタキンランチョウキンカチョウ、(アメリカムシクイ族クロズキンアメリカムシクイ、(カラス族カササギ属Pica (pica) hudsonia(仮の和名クロバシカササギ)、コウウチョウコウロコフウチョウ、(コトドリ科コトドリサンショクツバメジュウシマツショウドウツバメズアオアトリ、(ヒワ族スコットランドイスカ、(マイコドリ亜科)セアオマイコドリ、(モズ科セアカモズ、(ハエトリ亜科チャバラオリーブハエトリトゲオヒメドリ、(ムクドリ科トサカムクドリニシコクマルガラス、(カラス族)ヌレバカケス、(ハタオリドリ亜科)ハイガシラシュウダンハタオリ、(カザリドリ亜科)ハゲガオカザリドリ、(ニワシドリ科フウチョウモドキ、(アリドリ科ホオジロニショクアリドリ、(ヒタキ族マダラヒタキミドリツバメ、(ハタオリドリ亜科)ミナミキンランチョウ、(カラス族)メキシコカケスルリツグミワタリガラス

爬虫類[編集]

カメ目:(リクガメ科サバクゴファーガメ、(ヌマガメ科モリイシガメ

有鱗目(トカゲ目):Plestiodon egregius (仮の和名アカオトカゲ)、(クサリヘビ科アカダイヤガラガラヘビアゴヒゲトカゲ属、(イグアナ科アノールトカゲ亜科、(ハシリトカゲ属Cnemidophorus tessellatus(仮の和名イチマツハシリトカゲ)、(イグアナ科ゼンマイトカゲ属Leiocephalus inaguae(仮の和名イナグアゼンマイトカゲ)、(ヤモリ科オガサワラヤモリ、(ナミヘビ科ガーターヘビガーマンアノールガラガラヘビ、(イグアナ科)キューバグリーンアノールグリーンアノール、(ハシリトカゲ属)Cnemidophorus velox(仮の和名コウゲンシマハシリトカゲ)、コモンアミーバAspidoscelis uniparens(仮の和名サバクソウチハシリトカゲ)、(ハシリトカゲ属)Cnemidophorus exsanguis(仮の和名チワワマダラハシリトカゲ)、ヌママムシ、(ナミヘビ科パインヘビ属、(クサリヘビ科)パシフィックガラガラヘビ、(イグアナ科)ハリトカゲ属、(トガゲモドキ科バンドトカゲモドキ、(トカゲ属ファイブラインスキンクフクスケアノール、(トカゲ属)ブロードヘッドスキンクマダラガラガラヘビ、(イグアナ科)ユタ属、(ハシリトカゲ属)Cnemidophorus laredoensis(仮の和名ラレードシマハシリトカゲ

両生類[編集]

有尾目ウスグロサンショウウオ属、(プレソドン科アメリカサンショウウオ属ジョルダンサラマンダー

無尾目カエル目):シベリアスナヒキガエルトノサマガエル

魚類[編集]

昆虫[編集]

ゴキブリ

その他の無脊椎動物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bruce Bagemihl, Biological Exuberance: Animal Homosexuality and Natural Diversity, St. Martin's Press, 1999; ISBN 0312192398
  2. ^ Harrold, Max (1999年2月16日). “Biological Exuberance: Animal Homosexuality and Natural Diversity”. The Advocate, reprinted in Highbeam Encyclopedia. 2007年9月10日閲覧。
  3. ^ Dorit, Robert (September-October 2004). “Rethinking Sex”. American Scientist. 2007年9月11日閲覧。
  4. ^ Bruce Bagemihl, Biological Exuberance: Animal Homosexuality and Natural Diversity, St. Martin's Press, 1999; pp.122-166
  5. ^ Joan Roughgarden, Evolutions rainbow: Diversity, gender and sexuality in nature and people, University of California Press, Berkeley, 2004; pp.13-183
  6. ^ Vasey, Paul L. (1995), Homosexual behaviour in primates: A review of evidence and theory, International Journal of Primatology 16: p 173-204
  7. ^ Sommer, Volker & Paul L. Vasey (2006), Homosexual Behaviour in Animals, An Evolutionary Perspective. Cambridge University Press, Cambridge. ISBN-10: 0521864461
  8. ^ Gay Penguins Resist 'Aversion Therapy'”. 365 Gay.com (2005年2月11日). 2007年9月10日閲覧。
  9. ^ Central Park Zoo's gay penguins ignite debate”. San Francisco Chronicle (2004年2月7日). 2007年12月28日閲覧。
  10. ^ a b Roselli, Charles E.; Kay Larkin, John A. Resko, John N. Stellflug and fred Stormshak (2004, vol. 145, no2, pp. 478-483). “The Volume of a Sexually Dimorphic Nucleus in the Ovine Medial Preoptic Area/Anterior Hypothalamus Varies with Sexual Partner Preference”. Journal of Endocrinology, Endocrine Society, Bethesda, MD,. 2007年9月10日閲覧。
  11. ^ Bruce Bagemihl, Biological Exuberance: Animal Homosexuality and Natural Diversity, St. Martin's Press, 1999; pp.302-305
  12. ^ Frans B. M. de Waal. “Bonobos and Fig Leaves”. The ape and the sushi master : cultural reflections by a primatologist. Basic Books. 
  13. ^ Bonobos at the Columbus Zoo
  14. ^ Dawkins, Richard (2004). “Chimpanzees”. The Ancestor's Tale. Houghton Mifflin. 
  15. ^ Frans B. M. de Waal (1995年3月). “Bonobo Sex and Society”. Scientific American. pp. 82-88. 2006年7月17日閲覧。
  16. ^ Frans de Waal, "Bonobo Sex and Society" in Scientific American (March 1995), p. 82ff
  17. ^ The behavior of a close relative challenges assumptions about male supremacy in human evolution
  18. ^ Courtney Laird, "Social Organization"
  19. ^ Stanford, C. B. (1998). The social behavior of chimpanzees and bonobos. Current Anthropology 39: 399-407.
  20. ^ Kano, Takayoshi (1992). The Last Ape: Pygmy Chimpanzee Behavior and Ecology. Stanford, CA: Stanford University Press.
  21. ^ Bruce Bagemihl, Biological Exuberance: Animal Homosexuality and Natural Diversity, St. Martin's Press, 1999; pp.427-430
  22. ^ Bagemihl, Bruce (Spring 2000). “Left-Handed Bears & Androgynous Cassowaries: Homosexual/transgendered animals and indigenous knowledge”. Whole Earth Magazine. 2007年6月16日閲覧。
  23. ^ 1,500 Animal Species Practice Homosexuality”. News-medical.net (2006年10月23日). 2007年9月10日閲覧。
  24. ^ Dell'Amore, Christine (2010年12月6日). “シロトキ、水銀でホモセクシュアルに”. ナショナルジオグラフィック. 2010年12月6日閲覧。
  25. ^ Mercury poisoning makes male birds homosexual”. New Scientist (2010年12月1日). 2010年12月4日閲覧。

関連項目[編集]