動原体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒト細胞画像。微小管は緑、染色体(DNA)は青、動原体はピンクで表される。

動原体(どうげんたい、kinetochore:キネトコア) とは、細胞分裂時に染色体動原体微小管が結合する部位のこと[1]染色体上のセントロメアにCENP-AやINCENP、あるいは染色体の移動に関するMCAK、CENP-Eなどが集積し、形成される。


脚註[編集]

関連項目[編集]