労働ビッグバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

労働ビッグバン(ろうどうびっぐばん)とは、第1次安倍晋三内閣において提唱された、労働市場改革の総称である。

概要[編集]

小泉内閣構造改革を主導した竹中平蔵は、第1次安倍内閣発足に際し、労働市場の構造改革「日本版オランダ革命」を安倍晋三首相に提言[1]。これを受け、内閣府経済財政諮問会議において、再チャレンジ政策の一環として「労働ビッグバン」が提唱された[1]

(長期デフレ等による就職難、経済的困窮等からの再チャレンジ)
キャリアコンサルティング、能力開発などによる総合的な就職支援やキャリア教育の推進、新卒一括採用システムの見直し、雇用機会の確保を進めることにより、フリーターの常用雇用やニートの職業的自立を促進する。また、有期労働契約を含めた労働契約全般に係るルールを明確化することや、パート労働者への社会保険の適用拡大などを進め、正規・非正規労働者間の均衡処遇を目指す。

— “日本経済の進路と戦略 ~新たな「創造と成長」への道筋~” (プレスリリース), 経済財政諮問会議, (2007年1月25日), p. 17, http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/cabinet/2007/decision0710.html  - 閣議決定

改革の主導者であった労働経済学者・八代尚宏は、2006年12月18日に行われた内閣府労働市場改革などに関するシンポジウムで、「正社員と非正規社員(派遣社員契約社員嘱託社員等)の格差是正のため、年功賃金の見直し等、正社員と非正規社員の賃金水準の均衡化に向けた方向での検討も必要」「既得権を持っている大企業労働者が、(下請け企業の労働者や非正規社員など)弱者をだしにしている面がかなりある」と述べ、「同一労働同一賃金」の徹底を訴えた[2]

改革の骨子は以下のようなものである。

竹中平蔵は、著書の中で「既得権益を失う労働組合や、保険年金の負担増を嫌う財界の反対で頓挫した」と述べている[8]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 竹中平蔵『「改革」はどこへ行った?―民主党政権にチャンスはあるか―』(東洋経済新報社2009年
  2. ^ 毎日新聞2006年12月19日
  3. ^ 経済財政諮問会議 2007.
  4. ^ a b c d 八代尚宏『労働市場改革の経済学 正社員「保護主義」の終わり』(東洋経済新報社、2009年)
  5. ^ 言論NPO 竹中平蔵氏 第4話:「社会主義を目指して改革を進めているのではない」
  6. ^ 「改革の配当」を活用して持続可能な経済システムの構築を
  7. ^ いまこそ小泉構造改革に学ぶとき―八代尚宏(国際基督教大学客員教授)”. 月刊誌『Voice』 (2012年9月18日). 2012年11月28日閲覧。
  8. ^ 竹中平蔵、幸田真音『ニッポン経済の「ここ」が危ない!―最新版・わかりやすい経済学教室』(文藝春秋社2008年

外部リンク[編集]