劣生学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劣生学 (れっせいがく、英語:dysgenicscacogenicsとも)[1]は、 特定の集団または種の子孫における、欠陥のあるあるいは不利な遺伝子および特性の蓄積および永続を生ぜしめる、要因の研究である[2][3]

形容詞「dysgenic」(「劣生の」)は「eugenic」(「優生の」)の反意語である。 これは最初に1915年ころデイビッド・スター・ジョーダンによって、第一次世界大戦の劣生的影響とされるものを記述するさいに、使用された[4]。 ジョーダンは、健康な男性は他の誰よりも近代戦で死ぬ可能性が高い、戦争は身体障害者を在宅に保存しながら、全住民のうち肉体的に健康な男性だけを殺す、と考えた[5]

ヒトの遺伝学の文脈においては、劣生的影響は、有害形質と遺伝性疾患の増加的伝播という結果に帰着する、産業革命以降の、選択圧の低下、減少的乳児死亡率、という予測された、あるいは観察された傾向である。 リチャード・リン(Richard Lynn)は、『Dysgenics:Genetic Degradation in Modern Populations』(1996年)において3つの主要な問題を特定している―― 健康における悪化、知能における悪化、そして良心における悪化。

遺伝性疾患[編集]

Rui Nunesは、劣生学は「障害がある状態として一般に受け入れられている」("commonly accepted as a disabling condition")遺伝形質の選択であり、優生学と同様に、劣生学は積極的に選択することも、否定的に選択することもできる、と書いている[6]。 Nunesは定義によれば、ポジティブな劣生学を、劣生形質を持つ個人の数を増やす選択であり、ネガティブな劣生学がマイナスになると、障害を引き起こす遺伝学の廃棄する部分である[6]

改善した医療と社会的ケアは、遺伝性疾患の増加した発生につながる可能性がある。 遺伝カウンセリング、出生前スクリーニングのような慣行は、この影響に反対に作用する可能性がある。[7][8]

生殖能力と知性[編集]

リンは、産業化前の諸社会における自然淘汰は、知性やキャラクターのような特性に有利にはたらいたが、現代諸社会ではもはやそうではない、と主張した。 ヒトの知能の仮説上の劣生的低下は、ウッドリー(Woodley)(2015年)による生殖能力および知性の分布における変化まで跡づけられる[9]

リン(1996年)は、好評[10][11][12][13][要説明] と、悪評[14] との両方を受けた[15][16][要説明]

選択的生殖能力[編集]

リンとハーヴェイ(Harvey)(2008年)[17]は、デザイナーベビーは、将来において重要な反作用的効果を持つ可能性があることを示唆している。最初はこれは裕福なカップルに限定されるかもしれず、彼らは自国で禁止されていれば、処置のために海外旅行をするかもしれず、これはしだいにより大きなグループに広がるかもしれない。あるいはまた、独裁的国家は、子供をもうけるライセンス要件のような措置を課すことを決定するかもしれず、これは、特定の最低限の知性を持つ人にのみ与えられるだろう。[要出典]中国の一人っ子政策は、独裁的手段によって出生率を規制する方法の例であった[18]。ジェフリー・ミラー(Geoffrey Miller)は、一人っ子政策は、中国の人口爆発を減らし、「農村の農民の劣生的生殖能力を減らす」("to reduce dysgenic fertility among rural peasants")ために実施された、と主張している。一人っ子政策は、田舎の家族を例外として家族が子供を2人持つことができるようにしたが、これは「彼らの第1子が女である場合」("if their first-born is a girl")にのみ適用された[19]

フィクションにおいて[編集]

C・M・コーンブルースの短篇「The Marching Morons」は、偶然、ついには遠い未来にいることになり、劣生学が結局は集団愚鈍という結果に終わることを発見する男を描く、劣生的フィクションの例である。マイク・ジャッジの映画『26世紀青年』(2006年)は、前提は同じで、軍事的な冬眠実験がうまくいかず、主人公は500年後の未来に連れてゆかれる。コーンブルースの短編小説では、文明は献身的な天才の小さなグループが沈まないようにしており、その一方でジャッジの映画では、自発的に子なしであること(voluntary childlessness)が平均以上の知性の血統を一掃し、ただ自動化されたシステムのみに、『白痴政治』(Idiocracy)におけるその役割をみたさせる[20]

脚注[編集]

  1. ^ cacogenics”. Freedictionary.com. 2008年6月29日閲覧。 “Cacogenics, the study of the operation of factors that cause degeneration in offspring, especially as applied to factors unique to separate races. Also called dysgenics.”
  2. ^ Bartleby.com: Great Books Online -- Quotes, Poems, Novels, Classics and hundreds more”. www.bartleby.com. 2009年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月29日閲覧。
  3. ^ Definition of dysgenics”. Merriam-Webster Medical Dictionary. 2008年6月29日閲覧。
  4. ^ オックスフォード英語辞典
  5. ^ Jordan, David Starr (2003). War and the Breed: The Relation of War to the Downfall of Nations (Reprint ed.). Honolulu, Hawaii: University Press of the Pacific. ISBN 978-1-4102-0900-9 
  6. ^ a b Nunes, Rui (March 2006). “Deafness, genetics and dysgenics”. Medicine, Health Care and Philosophy 9 (1): 25–31. doi:10.1007/s11019-005-2852-9. PMID 16645795. 
  7. ^ Holloway, S. M.; Smith, C. (1975). “Effects of various medical and social pracitices on the frequency of genetic disorders”. American Journal of Human Genetics 27 (5): 614–627. PMC 1762830. PMID 1163536. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1762830/. 
  8. ^ Matsunaga, E. (1983). “Perspectives in mutation epidemiology: 5. Modern medical practice versus environmental mutagens: Their possible dysgenic impact”. Mutation Research/Reviews in Genetic Toxicology 114 (3): 449–457. doi:10.1016/0165-1110(83)90040-4. PMID 6835245. 
  9. ^ Woodley, Michael A. (2015). “How fragile is our intellect? Estimating losses in general intelligence due to both selection and mutation accumulation”. Personality and Individual Differences 75: 80–84. doi:10.1016/j.paid.2014.10.047. 
  10. ^ Hamilton, W. D. (2000). “A review of Dysgenics: Genetic Deterioration in Modern Populations”. Annals of Human Genetics 64 (4): 363–374. doi:10.1046/j.1469-1809.2000.6440363.x. [リンク切れ]
  11. ^ Loehlin JC (1999). “Dysgenics: Genetic Deterioration in Modern Populations, reviewed by John C. Loehlin”. Annals of the American Academy of Political and Social Science 561: 216–217. doi:10.1177/0002716299561001039. JSTOR 1049316. 
  12. ^ Vining DR (1998). “Dysgenics: Genetic Deterioration in Modern Populations, reviewed by Daniel R. Vining, Jr”. Population Studies 52 (1): 120–121. doi:10.1080/0032472031000150216. JSTOR 2584772. 
  13. ^ “Dysgenics: Genetic deterioration in modern populations: by Richard Lynn. Westport, CT: Praeger, 1996, 238 pp. $59.95.”. Journal of Social and Evolutionary Systems 21 (3): 343–345. (1998). doi:10.1016/S1061-7361(98)80008-8. "This could be one of the most important books written in the last fifty years." 
  14. ^ Leon K (February 1995). “The Bell Curve: Intelligence and Class Structure in American Life”. Scientific American 272. オリジナルの2007-10-22時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071022043901/http://mysite.du.edu/~psherry/bellcrv.html. "Lynn's distortions and misrepresentations of the data constitute a truly venomous racism, combined with scandalous disregard for scientific objectivity." 
  15. ^ Rosenthal S. “Academic Nazism”. Department of Sociology, Hampton University. 2008年6月28日閲覧。
  16. ^ Berhanu G. “Black Intellectual Genocide: An Essay Review of IQ of Wealth of Nations”. Gotberg University, Sweden. 2008年6月28日閲覧。
  17. ^ Lynn, Richard; Harveyb, John (2008). “The decline of the world's IQ”. Intelligence 36 (2): 112–120. doi:10.1016/j.intell.2007.03.004. 
  18. ^ Lynn, R.; Harvey, J. (2008). “The decline of the world's IQ”. Intelligence 36 (2): 112–120. doi:10.1016/j.intell.2007.03.004. 
  19. ^ Tsintolas. “Exceptions - China's One-Child Policy”. 2018年6月14日閲覧。
  20. ^ Mitchell, Dan (2006年9月9日). “Shying away from Degeneracy”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2006/09/09/business/09online.html 2008年6月29日閲覧。 

読書案内[編集]

外部リンク[編集]