重み付き文脈自由文法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加重文脈自由文法から転送)
移動先: 案内検索

重み付き文脈自由文法(おもみつきぶんみゃくじゆうぶんぽう、: Weighted context-free grammarWCFG)とは、文脈自由文法の一種であり、各生成規則に数値的重み付けがなされているものである。WCFGにおける構文木の重さは、その木の親ノードの生成に使われた生成規則の重さに、その子となっている部分木の重さを加えたもので表される。WCFGは確率文脈自由文法における確率(の対数値)を、重みに一般化したものである。 確率的文脈自由文法と同様、CYK法の拡張版をつかって、与えられた文のうち最も重みが重い(軽い)ものを、最適な構文解釈とみなす使用法が一般的である。