フタリシズカ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加賀谷秀明から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
フタリシズカ
FUTARISHIZUKA
メンバー 加賀谷秀明
横井かりこる
結成年 2016年
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2016年11月1日[1] -
出身 スクールJCA22期(加賀谷)
ワタナベコメディスクール23期
出会い ワタナベコメディスクール
旧コンビ名 アクアプラス(加賀谷)
芸種 コント漫才
ネタ作成者 横井かりこる
過去の代表番組 ウケメン
同期 ブリリアン
どんぐりパワーズ
ワタリ119など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2020年 第41回ABCお笑いグランプリ 3位・ABEMA賞
2021年 ぐるナイおもしろ荘 準優勝[2]
テンプレートを表示

フタリシズカは、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ

メンバー[編集]

来歴・概説[編集]

共にワタナベコメディスクール23期生(2015年10月入学、2016年9月卒業)出身[18]2016年11月結成[19]。ワタナベコメディスクール時代に当時ピンで活動していた横井のダンスネタに加賀谷が爆笑したことで気に入り、加賀谷から誘って結成に至った。しかし結成の話を切り出す時に加賀谷は関係無い話ばかりしていたために、結局、先に周りからその話を聞いて知っていた横井から先に本題を切り出したという[16]

横井は加賀谷のことを異性として好きであると公言する[16]。「全くビジネスではなく、ガチンコ」ということで、最初はあまり好きではなかったが、コンビを続けていくには相方を好きにならないといけないと思い、好きになる努力をしていくうちに本当に好きになったという[2]。結成して1年ほど経ったある時、突然横井から加賀谷に愛を告白したことがあったが、これをドッキリだと思った加賀谷は丁寧にお断りしたということがあった[16]。このようなことから、横井は自分たちのことを「片思い男女コンビ」だとしている[20]。横井は「好きな人と一緒に居られるし、お笑いと恋愛が同時に出来るなんてラッキー」と話し、本格的に付き合うことになったら「彼氏の前でおバカな姿は見せられないので、解散する」とも話している[16]

また、自分たちのコンビを「踊る体育会系男女コンビ」とも紹介している[21]

2018年、第39回ABCお笑いグランプリで決勝進出。結果はファーストステージ(Bブロック)敗退。2020年、第41回ABCお笑いグランプリで二度目の決勝進出[22]、本選の結果は第3位であったが、AbemaTVの視聴者投票で決められた「ABEMA賞」にて優勝。AbemaTVの冠特番の出演権を獲得した[23][24]

2021年1月1日2020年12月31日深夜)放送の「ぐるナイおもしろ荘 お笑い第7世代NEXTスター発掘スペシャル」に出演を決め、準優勝[2]

ネタは主にコント、音ネタ。M-1グランプリに出場して漫才を演じたこともある[25]。横井が全力で演じるダンスや、特技であるボイスパーカッションを大きな武器としてネタ中に取り入れている[16]

出演[編集]

テレビ[編集]

ウェブテレビ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ フタリシズカ M-1グランプリコンビ情報
  2. ^ a b c 「おもしろ荘」準優勝。相方への片思いコンビ「フタリシズカ」が歩んだ“どん底の2年””. Yahoo!ニュース (2021年1月1日). 2021年1月2日閲覧。
  3. ^ 加賀谷秀明Facebook 2014年9月26日
  4. ^ 加賀谷本人のFacebook より。
  5. ^ a b c d e f フタリシズカ加賀谷秀明twitter(自己紹介)(2018年9月28日閲覧)より。
  6. ^ a b c スポーツ経験一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2018年9月28日閲覧。
  7. ^ a b c d 特技一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2018年9月28日閲覧。
  8. ^ a b 土曜プレミアム 芸能界特技王決定戦TEPPEN 2014Summer”. gooテレビ (2014年7月5日). 2018年9月28日閲覧。
  9. ^ a b 資格一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2018年9月28日閲覧。
  10. ^ a b 得意トーク一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2018年9月28日閲覧。
  11. ^ a b c 趣味一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2018年9月28日閲覧。
  12. ^ フタリシズカ加賀谷秀明twitter 2015年9月15日 22:36 より。
  13. ^ 横井かりこる Amebaプロフィール より。
  14. ^ 横井本人のFacebook より。
  15. ^ Socially No.28”. 2020年6月27日閲覧。
  16. ^ a b c d e f 東京新聞 2018年9月26日 14面「笑う神拾う神」
  17. ^ 山里亮太、若手芸人が尊敬するコンビに驚き とんねるず・ダウンタウンでもなく「もう、そうなんだって」(スポニチアネックス)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年7月16日閲覧。
  18. ^ ワタナベコメディスクール公式twitter 2016年9月14日 3:48
  19. ^ “コンビ情報 フタリシズカ”. M-1グランプリ公式サイト. https://www.m-1gp.com/combi/3889.html 2018年9月25日閲覧。 
  20. ^ フタリシズカ横井かりこるtwitter(自己紹介)(2018年9月28日閲覧)より。
  21. ^ 横井かりこるブログ「横井かりこるのお気持ち」の紹介より(2018年9月25日閲覧)
  22. ^ Inc, Natasha. “からし蓮根、世間知らズ、オズワルド、滝音ら「ABCお笑いグランプリ」決勝に進出” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月26日閲覧。
  23. ^ Inc, Natasha. “「第41回ABCお笑いグランプリ」優勝はコウテイ” (日本語). お笑いナタリー. 2020年7月12日閲覧。
  24. ^ Inc, Natasha (2021年1月8日). “「日村がゆく」マヂラブ、空気階段、ゾフィーら2021年のお笑い界予想、フタリシズカ冠番組も” (日本語). お笑いナタリー. 2021年1月10日閲覧。
  25. ^ フタリシズカ | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2021年2月15日閲覧。
  26. ^ 加賀谷秀明Facebook 2015年3月22日
  27. ^ “カミナリと錦鯉がどつき漫才、槙尾と新妻は女装コントで対決「西東さん」”. お笑いナタリー. (2017年1月28日). https://natalie.mu/owarai/news/218613 2018年9月28日閲覧。 
  28. ^ 5週連続で特番放送!5つのテーマで毎週ラインナップをお届け!”. ABEMA (2021年1月4日). 2021年1月9日閲覧。

外部リンク[編集]