加賀屋吉右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加賀屋 吉右衛門(かがや きちえもん、生没年不詳)とは江戸時代末期から明治時代にかけての地本問屋

来歴[編集]

加賀吉、青盛堂と号す。姓は堤。幕末から明治期に日本橋区両国広小路、米沢町1丁目政右衛門店で地本問屋を営業している。魚屋北渓の細絵、歌川国芳歌川国貞歌川広重3代歌川広重2代歌川国輝昇斎一景らの錦絵を出版している。明治に入ってから堤吉兵衛(日本橋区両国吉川町5)名義となっている。

作品[編集]

  • 歌川国芳 『東都名所』 大判揃物
  • 歌川国芳 『通俗水滸伝百八人之一箇』 大判揃物
  • 歌川国貞 『北国五色里』
  • 歌川広重 『古歌六玉川』
  • 3代歌川広重 『大調練図』
  • 2代歌川国輝 『東京府呉服橋南通遠景之図』
  • 昇斎一景 『海運橋三井組会社図』

参考文献[編集]