加賀の井酒造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加賀の井酒造株式会社
加賀の井酒造
2008年
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
941-0061
新潟県糸魚川市大町2-3-5
北緯37度02分43.1秒
東経137度51分32.7秒
座標: 北緯37度02分43.1秒 東経137度51分32.7秒
設立 1953年
業種 食料品
法人番号 9110001021851
事業内容 清酒などのアルコール飲料製造販売
代表者 小林 幹男
主要株主 盛田株式会社
外部リンク http://www.kaganoi.co.jp/
テンプレートを表示

加賀の井酒造株式会社(かがのいしゅぞう)は、新潟県糸魚川市にある日本酒製造及び、販売を行う新潟最古の酒蔵[1]である。酒蔵などは2016年12月の糸魚川市大規模火災(糸魚川大火)で焼失したが、被災前と同じ敷地内で2018年3月に再建された[2][3]

歴史[編集]

江戸期に酒造りをしていた蔵(2009年撮影)
  • 1650年慶安3年) - 小林家二代目の九郎左ェ門が古賀坂家から酒屋を譲り受け、酒造りを始める。
  • 1652年承応元年) - 小林家敷地内に加賀藩糸魚川本陣が置かれる。本陣が置かれ、前田利常が献上された酒をいたく気にいり、加賀国でないのに加賀の字の使用を許し、酒銘を「加賀の井」とした。小林家は本陣の役と糸魚川の町年寄を兼ねて、幕末まで踏襲した。酒造りは現存する敷地内の蔵(現在は出荷蔵として使用)でおこなわれていた。
  • 1782年天明2年)以降、加賀藩、大聖寺藩、富山藩の宿泊記録とともにたびたび酒が献上され、藩主や家老の献立にも用いられたことが記録に残っている。明治以降も前田家に献上されていた。
  • 1953年昭和28年) - 株式会社となる。
  • 2006年平成18年) 5月 - 事業休止状態となる。
  • 2006年(平成18年)12月 - ジャパン・フード&リカー・アライアンス(以下、JFLA)の支援を受ける。
  • 2007年(平成19年) 7月 - JFLAの完全子会社の新・加賀の井酒造として発足。
  • 2007年(平成19年)10月 - JFLAより分離独立した中間持株会社、株式会社伝統蔵の完全子会社となる。
  • 2011年(平成23年) 4月 - 株式会社伝統蔵が盛田株式会社に吸収合併され、加賀の井酒造はその子会社となる。
  • 2016年(平成28年)12月22日 - 糸魚川大火により酒蔵を含め社屋が全焼した[4]
  • 2017年(平成29年)2月 - 阪神酒販グループで当社と社長を兼任する銀盤酒造のタンクを借り、仕込みを再開[5]
  • 2017年(平成29年)5月1日 - 母の日父の日向けの新酒「感謝をこめて」で出荷を再開[6]
  • 2018年(平成30年)3月13日 - 再建した酒蔵を報道陣に公開。再建した酒蔵は延べ約1,110㎡の2階建ての鉄骨造りで、仕込みなどの作業を見学出来る通路を設けている[3]
  • 2018年(平成30年)3月中 - 再建した酒蔵で仕込みを開始予定[3]
  • 2018年(平成30年)ゴールデンウィーク - 出荷を再開予定[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]