加計勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かけつとむ
加計勉
生誕 1923年3月27日
広島県豊田郡安芸津町(現東広島市安芸津町)
死没 2008年4月30日
死因 心不全
出身校 広島大学教育学部理学部
職業 教育者実業家
活動期間 1955年 - 2008年
著名な実績 加計学園創始者
活動拠点 岡山県広島県
肩書き 関連する学校法人の理事長・学長など
受賞 叙勲勲二等瑞宝章受章

加計 勉(かけ つとむ、1923年3月27日 - 2008年4月30日)は、日本教育者であり実業家学校の設置者。本人は実業の立場および現場教員への配慮から自らを教育者とする事をよしとせず「教育実業家」を名乗った。[1]

人物[編集]

加計学園グループの創始者。同学園および関連学園の設立した各学校の初代理事長・初代学長・初代総長。学校法人加計学園および学校法人順正学園の名誉理事長、名誉総長。学校法人英数学館の名誉理事長。

広島県豊田郡安芸津町(現在の東広島市安芸津町)出身。教師を志して広島高等師範学校を卒業後、兵庫県立姫路工業学校に赴任[2]し、教育招集により子どもたちと小倉の戦闘機工場で引率責任者の任に就く。引率責任者として子どもたちの待遇の改善を求め、時に軍側責任者との対立も起こしたと言われる。[3]太平洋戦争終局における広島への原子爆弾投下によって焼け野原になった故郷・広島の町並みを前に、教育と技術による日本復興を誓いを立て、一教師から技術者および教育機関の運営者への道を志したとされる。[2]教員生活の後、予備校・英数学館を設立し、そこで得た運営のノウハウを活かして隣県であった岡山県岡山市の半田山の山麓(現在の岡山市北区理大町)に年来の夢であった学校法人「加計学園」を設立した。

広島大学在学中および軍隊・教職時代の経験により、権威・役職・学閥・伝統によって縦割りかつ過剰な仲間意識が優先されてしまう、日本の伝統的な組織(学校)運営に疑問を持っていた。[4]そのために「国公立や伝統私学の硬直した体制ではできない学問を行える場所を」という理念のもと、よりリベラルかつ真にアカデミックな(実用的かつ学際的にして時代の要請に応える)特徴を持つ「私学でしかできない」柔軟な私学運営を目指したとされる。[4][5]

のち、高梁市の要請を受け、半官半民の形で学校法人「高梁学園」(のちの順正学園)を設立。[2]この事により地元地方自治体との共同出資による支援を受ける形での学校法人の設立(第三セクター方式による学校の設置)という運営手法を編み出した[2]

自らの座右の銘として「道」の一文字を掲げた。これは高村光太郎の詩『道程』の序節に由来すると言われ、自ら教育の道を切り開くとともに、子どもたちの行く道を造り、また自らの設した道を通った子どもたちが自身の道を切り開けるように、との思いから掲げていたとされる。[6]

娘(第一子)は順正学園・ゆうき学園、現理事長の加計美也子。息子(第二子)は加計学園・英数学館、現理事長の加計孝太郎

来歴[編集]

設立した学校や学園の詳細は加計学園および各学校の項を参照すること。

  • 1923年 広島県豊田郡安芸津町に、父・喜一、母・ミネの間に、2人の兄と7人の姉を上に持つ10人兄姉弟の末っ子の三男として生まれる。
一族の出自が同県の加計町であるが故に「加計」の苗字を持つ。
町立豊田尋常小学校から広島県立忠海中学校に入学・卒業する。
  • 同年2月 岡山県文化賞を受賞。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 加計学園グループの挑戦 -先賢の志で切り開いた私学教育の道-(鶴蒔靖夫著、IN通信社刊、2011年11月21日初版発行)ISBN 978-4-87218-355-9

脚注[編集]

  1. ^ 鶴蒔、2011年。p.215
  2. ^ a b c d 加計美術館常設展示「加計勉記念コーナー」紹介展示フリップより。
  3. ^ 鶴蒔、2011年。p.196
  4. ^ a b 加計美術館常設展示「加計勉記念コーナー」加計勉紹介トレイルムービーより
  5. ^ 鶴蒔、2011年。p.199
  6. ^ 鶴蒔、2011年。p.192