加藤鉄児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 鉄児かとう てつじ
誕生 1971年
愛知県
職業 小説家
国籍 日本の旗
最終学歴 東北大学経済学部卒業
活動期間 2015年 -
ジャンル ミステリ
主な受賞歴 『このミステリーがすごい!』大賞隠し玉(2015年)
デビュー作 『殺し屋たちの町長選』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

(かとう てつじ、1971年 -)は、日本小説家推理作家愛知県生まれ。東北大学経済学部卒業[1]。2014年、会社勤務の傍ら、(かとう しょうた)名義で応募した「キラーズ・コンピレーション」が第13回『このミステリーがすごい!』大賞で最終候補作残るも受賞は逃す[2][3]。しかし、2015年、同作を加筆修正後、『殺し屋たちの町長選』と改題し、宝島社文庫より『このミステリーがすごい!』大賞の隠し玉[4]として刊行、小説家デビューする[1]

作品[編集]

  • 『殺し屋たちの町長選』(宝島社文庫、2015年7月)
  • 『桐谷署総務課渉外係 お父さんを冷蔵庫に入れて』(宝島社文庫、2017年7月)

脚注[編集]

[脚注の使い方]