加藤竜二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 竜二 Football pictogram.svg
名前
愛称 リュージ[1]
カタカナ カトウ リュウジ
ラテン文字 KATO Ryuji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-12-24) 1969年12月24日(48歳)
出身地 東京都
身長 184cm[2]
体重 82kg[2]
選手情報
ポジション GK
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1990 東邦チタニウム
1991-1993 東京ガス 60 (0)
1994 PJMフューチャーズ 28 (0)
1995-1997 柏レイソル 40 (0)
1998-1999 コンサドーレ札幌 0 (0)
2000-2002 サンフレッチェ広島 2 (0)
2002-2004 佐川急便東京 52 (0)
2005-2007 ロッソ熊本 14 (0)
2014 ロアッソ熊本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年4月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

加藤 竜二(かとう りゅうじ、1969年12月24日 - )は、東京都出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

来歴[編集]

東邦チタニウム東京ガスPJMでそれぞれ正GKとしてプレー。

1995年Jリーグ昇格元年の柏レイソルに加入。昇格に貢献した土肥洋一からポジションを奪いレギュラーを掴んだ。同年シーズン終盤に土肥が再台頭して以後は第2GKとなったが、明るい性格でチームを盛り立てた[3]

1998年コンサドーレ札幌に移籍。1999年、シーズン終了を待たずチームから離脱し、ブラジルへ短期留学。帰国後2000年よりサンフレッチェ広島へ加入[4]。2002年5月に広島を退団[5] して佐川急便東京に移籍し、正GKとして活躍した。

2005年九州リーグロッソ熊本(現 ロアッソ熊本)へ加入。守護神としてほとんどの試合に出場し、日本フットボールリーグ昇格に貢献した。2006年よりGKコーチ就任。2007年までの2年間は選手兼任だった。2008年A級ジェネラルライセンス取得[6]

2014年4月、ロアッソ熊本の3人の登録GKのうち畑実及び永井建成の負傷によって出場可能GKが金井大樹だけになり、控えGKが居なくなったことから[7][8] 急遽選手登録され[2]、7年ぶりの現役復帰となった[8]。リーグ戦出場となれば1998年にハーフナー・ディドが記録したGKとしてのJリーグ最年長出場記録を塗り替える快挙であったが[7]、チームは仙台からシュミット・ダニエル期限付き移籍によって獲得し、八木大政2種登録することによってGK不足を解消したため、同月25日に登録抹消[9]。1試合にベンチ入りしたのみで再びGKコーチに戻ることになった。同年をもって双方合意の上で退団[10]

2015年、JFAアカデミー福島女子のゴールキーパーコーチに就任[11]。2017年、JFA S級コーチライセンス取得[12]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1987 東チタ JSL2部 -
1988-89
1989-90 29 0 0 0 - 29 0
1990-91 28 30 0 1 0 - 31 0
1991-92 東京ガス 23 24 0 1 0 - 25 0
1992 21 旧J1 18 0 - - 18 0
1993 18 0 - - 18 0
1994 PJM 1 旧JFL 28 0 - 1 0 29 0
1995 - J 29 0 - 0 0 29 0
1996 1 0 0 0 0 0 1 0
1997 23 10 0 0 0 0 0 10 0
1998 札幌 12 0 0 1 0 3 0 4 0
1999 J2 0 0 0 0 0 0 0 0
2000 広島 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2001 13 2 0 0 0 0 0 2 0
2002 0 0 0 0 - 0 0
2002 佐川東京 41 JFL 11 0 - - 11 0
2003 1 28 0 - 3 0 31 0
2004 13 0 - 1 0 14 0
2005 熊本 25 九州 14 0 - 1 0 15 0
2006 36 JFL 0 0 - 0 0 0 0
2007 37 0 0 - 0 0 0 0
2014 31 J2 0 0 - - 0 0
通算 日本 J1 42 0 1 0 3 0 46 0
日本 J2 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 JSL2部
日本 JFL 52 0 - 4 0 56 0
日本 旧JFL 64 0 - 1 0 65 0
日本 九州 14 0 - 1 0 15 0
総通算

指導歴[編集]

  • 2006年 - 2014年4月[13] ロッソ熊本 / ロアッソ熊本 GKコーチ
  • 2014年4月 - 12月 ロアッソ熊本 GKコーチ
  • 2015年 - JFAアカデミー福島 GKコーチ / 指導者インストラクター[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b アーカイブされたコピー”. 2000年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月13日閲覧。 サンフレッチェ広島
  2. ^ a b c “加藤竜二GKコーチ、選手登録のお知らせ” (プレスリリース), ロアッソ熊本, (2014年4月18日), http://roasso-k.com/news/news_view.htm?id=1024 
  3. ^ 『柏レイソル10年史 DECADE』 文化工房星雲社2004年、151頁。
  4. ^ “コンサドーレ札幌所属、加藤 竜二 選手の移籍加入について” (プレスリリース), サンフレッチェ広島, (1999年12月22日), オリジナル2003年10月15日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20031015170406/http://www.sanfrecce.co.jp:80/new-hp/news/source/19991222b.html 2017年10月27日閲覧。 
  5. ^ “加藤 竜二 選手の退団について” (プレスリリース), サンフレッチェ広島, (2002年5月21日), オリジナル2003年10月15日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20031015165605/http://www.sanfrecce.co.jp:80/new-hp/news/source/20020521c.html 2017年10月27日閲覧。 
  6. ^ 2007(平成19)年度 公認A級コーチジェネラル養成講習会 合格者 (PDF) 日本サッカー協会 (2008年4月10日)
  7. ^ a b GK2人ケガで離脱 加藤コーチ“現役復帰””. 2014年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月31日閲覧。 熊本日日新聞 (2014年4月19日)
  8. ^ a b “GK不足のJ2熊本、44歳GKコーチを選手登録 7年ぶり現役復帰”. スポニチアネックス. (2014年4月18日). オリジナル2014年4月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140419015828/http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/04/18/kiji/K20140418007997610.html 2014年4月18日閲覧。 
  9. ^ 加藤竜二選手登録抹消、GKコーチ登録について ロアッソ熊本 (2014年4月25日)
  10. ^ 加藤竜二GKコーチ、退任のお知らせ ロアッソ熊本 (2014年12月17日)
  11. ^ 加藤竜二氏、JFAアカデミー福島女子GKコーチ就任のお知らせ ロアッソ熊本 (2015年1月20日)
  12. ^ 2016年S級コーチ養成講習会 合格者 (PDF) 日本サッカー協会 (2017年4月13日)
  13. ^ 登録役員追加・変更・抹消のお知らせ Jリーグ (2014年4月18日)
  14. ^ 2017指導者養成体制 (PDF) 日本サッカー協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]