加藤泰男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 泰男(かとう やすお、1926年 - )は、日本経済学者経済学博士明治大学名誉教授。専門は理論経済学イギリスの経済学者ジョーン・ロビンソン1933年に著した『不完全競争の経済学』の日本版訳者として知られる。群馬県出身。

経歴[編集]

明治大学政治経済学部経済学科卒。のち同大学教授となる。1970年、『戦後日本の「高度成長」と循環』で経済学博士(明治大学)[1]

大学では経済学、経済変動論を担当した。

著書[編集]

単著

  • 『現代資本主義と産業循環』青木書店、1961。
  • 『戦後日本の「高度成長」と循環』未来社、1967。
  • 『戦後日本資本主義の循環と恐慌』汐文社、1974。
  • 『現代日本経済の軌跡―景気循環の視点から』八朔社、1994。

共著

訳著

  • ジョーン・ロビンソン)『不完全競争の経済学 (現代経済学名著選集〈第1〉) 』文雅堂書店、1957・文雅堂銀行研究社、2000。

脚注[編集]

  1. ^ 加藤泰男1926-「戦後日本の「高度成長」と循環」明治大学 博士論文乙第26号、1970年、 NAID 500000406990