加藤治郎 (歌人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 治郎
(かとう じろう)
誕生 (1959-11-15) 1959年11月15日(60歳)
日本の旗 日本愛知県名古屋市緑区鳴海町
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 愛知教育大学附属高等学校
最終学歴 早稲田大学教育学部
ジャンル 短歌
文学活動 ニューウェーブ短歌
代表作 『サニー・サイド・アップ』
主な受賞歴 短歌研究新人賞(1986年)
現代歌人協会賞(1988年)
寺山修司短歌賞(1999年)
中日短歌大賞(2012年)
デビュー作 「スモール・トーク」
所属 未来
テンプレートを表示

加藤 治郎(かとう じろう、1959年11月15日 - )は、日本歌人。歌誌「未来」選者。

人物[編集]

岡井隆に師事し、アララギから前衛短歌への流れを消化したうえで、「口語は前衛短歌の最後のプログラム」と宣言。口語短歌の改革者として意欲的な試みに取り組み、「ニューウェーブ」の旗手と称せられるようになる。若手歌人のプロデューサー的役割を担うことも多く、現代短歌における最重要人物の一人といえる。

「未来」の選歌欄「彗星集」には若手が多く、門下に笹井宏之柳澤美晴野口あや子佐藤羽美天道なお中家菜津子、小坂井大輔、戸田響子、西村曜、などがいる。

書肆侃侃房の「新鋭短歌シリーズ」監修者を務める。

年譜[編集]

著作[編集]

歌集[編集]

  • 『サニー・サイド・アップ』(雁書館、1987年
  • 『マイ・ロマンサー』(雁書館、1991年
  • 『ハレアカラ』(砂子屋書房、1994年
  • 『昏睡のパラダイス』(砂子屋書房、1998年
  • 選集『イージーパイ』(bookpark、2001年
  • 『ニュー・エクリプス』(砂子屋書房、2003年
  • 選集『加藤治郎歌集』(砂子屋書房、2004年
  • 『環状線のモンスター』(角川書店2006年
  • 『雨の日の回顧展』(短歌研究社2008年
  • 『しんきろう』(砂子屋書房、2012年
  • 『噴水塔』(KADOKAWA2015年
  • 『Confusion』(書肆侃侃房2018年
  • 『混乱のひかり』(短歌研究社、2019年

歌書[編集]

  • 『TKO(テクニカル・ノックアウト) 現代短歌の試み』(五柳書院、1995年
  • 『うたう☆クラブ・セレクション』(短歌研究社、2005年
  • 『短歌レトリック入門』(風媒社2005年
  • 『短歌のドア 現代短歌入門』(角川学芸出版2013年

エッセイ[編集]

詩画集[編集]

外部リンク[編集]