加藤治郎 (歌人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
加藤 治郎
誕生 (1959-11-15) 1959年11月15日(58歳)
愛知県名古屋市緑区鳴海町
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 愛知教育大学附属高等学校
最終学歴 早稲田大学教育学部
ジャンル 短歌
主な受賞歴 短歌研究新人賞(1986年)
現代歌人協会賞(1988年)
寺山修司短歌賞(1999年)
中日短歌大賞(2012年)
所属 未来
テンプレートを表示

加藤 治郎(かとう じろう、1959年11月15日 - )は、日本歌人。歌誌「未来」選者。

人物[編集]

岡井隆に師事し、アララギから前衛短歌への流れを消化したうえで、「口語は前衛短歌の最後のプログラム」と宣言。口語短歌の改革者として意欲的な試みに取り組み、「ニューウェーブ」の旗手と称せられるようになる。若手歌人のプロデューサー的役割を担うことも多く、現代短歌における最重要人物の一人といえる。

「未来」の選歌欄「彗星集」には若手が多く、門下に笹井宏之柳澤美晴野口あや子佐藤羽美天道なお中家菜津子小坂井大輔戸田響子などがいる。

書肆侃侃房の「新鋭短歌シリーズ」監修者を務める。

年譜[編集]

著作[編集]

歌集[編集]

歌書[編集]

エッセイ[編集]

詩画集[編集]

外部リンク[編集]