加藤有加利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 有加利
別名 YUKA、yucat
生誕 (1985-04-03) 1985年4月3日(32歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
学歴 和光大学表現学部卒業
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター(・キーボード
活動期間 2003年
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
つばさレコーズ
事務所 DESSE communications
K HIVE
共同作業者 新津由衣
公式サイト yucat(ソロ活動)の公式ページRYTHEM公式サイトKIDOARA Diary

加藤 有加利(かとう ゆかり、1985年4月3日 - )は、日本のシンガーソングライターギタリストキーボディストRYTHEMボーカルギター担当。RYTHEMでの芸名は「YUKA(ゆか)」。解散後、「yucat(ゆきゃっと)」名義でソロ活動中。北海道出身、神奈川県川崎市高津区育ち。ABO式血液型AB型。神奈川県立多摩高等学校和光大学表現学部卒業。所属事務所DESSE communications、所属レコード会社はソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ。代表曲として「ハルモニア」(テレビ東京系アニメNARUTO-ナルト-EDテーマ)、「ブルースカイ・ブルー」(NHK連続ドラマ小説てるてる家族主題歌)、「万華鏡キラキラ」(日本テレビ系ドラマ光とともに…~自閉症児を抱えて~主題歌)、「ホウキ雲」(テレビ東京系アニメ焼き立て!!ジャぱんOPテーマ)等がある。声優の堀江由衣田中理恵下田麻美、アニソン歌手HIMEKAFlower篠崎愛に楽曲提供等の作家活動も行っている。大のボーカロイド好きを生かし、FM NACK5でボカロ特番のパーソナリティや、キッズアルバムやアーケードゲームの歌唱参加等、幅広く活動中である。

来歴[編集]

子供の頃から歌うことが大好きで、宇多田ヒカル中島美嘉にあこがれていた。また、幼稚園からエレクトーンを習い、楽器に触れる。中学生の時、演劇部のオーディションで初めて新津由衣に出会うが、親交を深めるのは多摩高校へ進学し、席が隣同士となってからであった。その後、2人で軽音楽部に所属し、RYTHEMというコピーバンドを組み、初めてアコースティックギターを手にする。バンド解散後、新津と共にカラオケへ出向いたとき「歌手になりたい」という夢を新津に告げ、オーディションを受けることを決意。ソニー・ミュージックエンタテインメントのオーディションにて「一人旅シャラルラン」を歌って合格する。2003年、RYTHEMとして「ハルモニア」でデビュー。その後、新津と和光大学表現学部に進学、2008年3月19日に卒業。

手がけた楽曲[編集]

RYTHEMとしての楽曲

RYTHEM共作作品に関してはRYTHEMに参照

  • Dear Friend(シングル「20粒のココロ」のC/W、アルバム「夢現ファクトリー」収録)、新津由衣に対しての思いを歌った曲
  • 夏メロ(シングル「蛍火」のC/W、アルバム「23」収録)
  • Bitter & Sweet(配信限定シングル、アルバム「23」収録)
  • SMILE(アルバム「23」収録)
  • パラドックス(アルバム「リズム」収録)
  • 遠恋歌(アルバム「リズム」収録)

加藤有加利としての楽曲

  • I my me堀江由衣に楽曲提供)
  • moment(堀江由衣に楽曲提供、作曲のみ)
  • Let it be(田中理恵に楽曲提供、歌詞のみ)(アルバム「ココロ」収録)
  • Dilemma(田中理恵に楽曲提供)(アルバム「ココロ」収録)
  • in or out?(田中理恵に楽曲提供、歌詞のみ)(アルバム「ココロ」収録)
  • 月とダンス(田中理恵に楽曲提供、歌詞のみ)(アルバム「ココロ」収録)
  • SUPERMAN(田中理恵に楽曲提供、歌詞のみ)(アルバム「ココロ」収録)
  • 人魚姫の涙(田中理恵に楽曲提供)(アルバム「ココロ」収録)
  • FRAME(田中理恵に楽曲提供、歌詞のみ)(アルバム「ココロ」収録)
  • 空飛ぶピエロ(田中理恵に楽曲提供、歌詞のみ)(アルバム「ココロ」収録)
  • Orange(田中理恵に楽曲提供、歌詞のみ)(アルバム「ココロ」収録)
  • 強くDAYDREAMER(下田麻美に楽曲提供、作曲のみ)(アルバム「DREAM」収録)
  • 限界DREAMERS(HIMEKAに楽曲提供、作曲のみ)(アルバム「Himekanvas」収録)
  • 時間旅行Flowerに楽曲提供、作曲のみ)
  • そらにくも・きみにぼく(アルバム「ともだちソング そらにくも・きみにぼく」収録)
  • BAD LOVE(篠崎愛に楽曲提供)
  • 炎の意思(パチンコCR ANOTHER牙狼~炎の刻印~に楽曲提供)

以下、yucat

  • Stop Me!(アルバム「PARALLEL WORLD 〜終ワリノ始マリ〜」収録)
  • Mr. Perfect Pain(アルバム「PARALLEL WORLD 〜終ワリノ始マリ〜」収録)
  • Change the World(アルバム「PARALLEL WORLD 〜終ワリノ始マリ〜」収録)
  • Hangman's Tree(アルバム「PARALLEL WORLD 〜終ワリノ始マリ〜」収録)
  • 暴走マシーン(アルバム「PARALLEL WORLD 〜終ワリノ始マリ〜」収録)
  • 第3ノ道(アルバム「PARALLEL WORLDⅡ 〜第3ノ道〜」収録)
  • Tick Tack(アルバム「PARALLEL WORLDⅡ 〜第3ノ道〜」収録)
  • steamroid(アルバム「PARALLEL WORLDⅡ 〜第3ノ道〜」収録)
  • D2(アルバム「PARALLEL WORLDⅡ 〜第3ノ道〜」収録)
  • 言霊(アルバム「PARALLEL WORLDⅡ 〜第3ノ道〜」収録)
  • Dr.Code(アルバム「PARALLEL WORLDⅢ 〜七ノ起源〜」収録)
  • 七つノ大罪工場(アルバム「PARALLEL WORLDⅢ 〜七ノ起源〜」収録)
  • Ruins Town(アルバム「PARALLEL WORLDⅢ 〜七ノ起源〜」収録)
  • 機狂心兵(アルバム「PARALLEL WORLDⅢ 〜七ノ起源〜」収録)
  • 全知全能ノ樹(アルバム「PARALLEL WORLDⅢ 〜七ノ起源〜」収録)
  • 505(アルバム「PARALLEL WORLD 〜episode.0〜」収録)
  • レプリカパプリカ(アルバム「PARALLEL WORLD 〜episode.0〜」収録)
  • 狂々撫子(アルバム「PARALLEL WORLD 〜episode.0〜」収録)
  • LUNA~月夜ノ契約~(アルバム「PARALLEL WORLD 〜episode.0〜」収録)
  • Fairy Story(アルバム「PARALLEL WORLD 〜episode.0〜」収録)
  • 脳内トラベル(アルバム「PARALLEL WORLD 5th Anniversary Complete Best -episode.0~episode.3-」収録)
  • ローレライ~消滅海底都市(アルバム「PARALLEL WORLD Ⅳ 〜消滅海底都市〜」収録)
  • 子宮的宇宙(アルバム「PARALLEL WORLD Ⅳ 〜消滅海底都市〜」収録)
  • 踊り子ノ晩餐会(アルバム「PARALLEL WORLD Ⅳ 〜消滅海底都市〜」収録)
  • Voice(アルバム「PARALLEL WORLD Ⅳ 〜消滅海底都市〜」収録)
  • ノアの箱船(アルバム「PARALLEL WORLD Ⅳ 〜消滅海底都市〜」収録)

歌唱参加作品[編集]

  • 心の瞳(アルバム「ともだちソング そらにくも・きみにぼく」収録)
  • ゆめいっぱい(アルバム「ともだちソング そらにくも・きみにぼく」収録)
  • 僕が一番欲しかったもの(アルバム「ともだちソング そらにくも・きみにぼく」収録)
  • ひとりぼっちはやめた(アルバム「ともだちソング そらにくも・きみにぼく」収録)
  • キッズたいそう〜てのひらをたいように〜(キッズアルバム「2014うんどう会(1)キッズたいそう〜てのひらをたいように〜」収録)
  • ミゼラブルステップワルツ(アルバム「Primoire(ボカロP ゆずひこアルバム)」収録)
  • マーメイドストーリー(アルバム「Primoire(ボカロP ゆずひこアルバム)」収録)
  • 南の島のハメハメハ大王(アルバム「おやこジャズ〜Jazz/Bossaアレンジで聴くキッズソング〜」収録)
  • アイアイ(アルバム「おやこジャズ〜Jazz/Bossaアレンジで聴くキッズソング〜」収録)
  • ジングル・ベル(アルバム「おやこジャズ〜Jazz/Bossaアレンジで聴くキッズソング〜」収録)
  • いぬのおまわりさん(アルバム「おやこジャズ〜Jazz/Bossaアレンジで聴くキッズソング〜」収録)
  • パノラマ(アルバム「ガンスリンガー・ストラトス1&2オリジナルサウンドトラック」収録)
  • 記念日〜希望のバトン〜(アルバム「おめでとう、10歳〜2分の1成人式〜」収録)
  • ぼくの太陽(アルバム「おめでとう、10歳〜2分の1成人式〜」収録)

人物・エピソード[編集]

楽器[編集]

  • 愛用のギターは6本あり、それぞれ心愛くん、ティハちゃん、弦希くんなどという。ギターを「この子」と呼んで可愛がっている。
  • 大のヤマハ党。使用していたギブソンのギターが破損してからはメンテナンスサービスがよいことからヤマハのLS26を愛用している。
  • 子供の頃にエレクトーンを習っていたため、EL-90を所有しており、デモ制作用に使用していたが、最近、新津がヤマハのパブリシティに登場した関係でD-DECK(DDK-7)が無料レンタルされ、デモ用の鍵盤が代替わりした。
  • 打ち込みには「Sequel」(シーケル)を使用。理由は「(画面に)英語が出てくるとそこで(操作が)ストップしてしまう。「Sequel」は日本語でわかりやすい」とのこと。
  • 知人のギタリストから「(生活に困ったら)ギターを売れ」と言われ、値段の高いヴィンテージもののギターを購入したが、ネットで調べてみると実はそうではないことがわかり、「saku saku」(テレビ神奈川)にて白井ヴィンセント(黒幕)から「骨董品と一緒でそういうのは向こうの言い値でしょ。『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)に出した方がいい」と言われた。

楽曲[編集]

  • 加藤が初めて単独で手がけたシングルである「Bitter & Sweet」は加藤の実体験をもとにして書かれた作品である。ソニーミュージックの着うた配信で並み居る強敵を押さえて一位を獲得した。

ライブ[編集]

  • 2007年11月17日、品川ステラボールにおける「RYTHEM『LOVE LIVE』@品川ステラボール」で、「Bitter & Sweet」を披露する際に、はじめてエレクトリックギターの演奏を披露した。
  • また、ライブでは加藤は新津の鍵盤の演奏の下、ギターを手にせず、歌唱に徹することが多い。

交友関係[編集]

外部リンク[編集]