加藤智男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 智男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県
生年月日 1919年4月13日
没年月日 没年不明
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1936年
初出場 1936年9月19日[1]
最終出場 1936年12月7日[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加藤 智男(かとう ともお、1919年4月13日 - 没年不明)は、長野県出身のプロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

長野商業学校(現・長野県長野商業高等学校)在学中にはアマチュア野球チームの中京野球団にも所属。1936年秋、17歳にて名古屋軍に入団した。9月19日大東京戦(甲子園球場)でいきなり開幕投手に抜擢された。しかし17歳と若すぎたこともあってか、全くと言っていいほど結果を残せなかった。1936年秋季シーズン終了後、退団。

1937年夏の甲子園では、長野商業のエースとして、チームをベスト8に導いた。高校卒業後の消息は不明。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1936 名古屋 4 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 41 5.2 13 0 12 0 0 2 0 0 14 6 9.53 4.41
通算:1年 4 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 41 5.2 13 0 12 0 0 2 0 0 14 6 9.53 4.41

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936 名古屋 5 3 2 1 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 1 -- 0 0 -- .000 .333 .000 .333
通算:1年 5 3 2 1 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 1 -- 0 0 -- .000 .333 .000 .333

背番号[編集]

  • 17 (1936年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]