加藤普章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 普章(かとう ひろあき、1955年 - )は、日本政治学者。専門は、比較政治学北アメリカ政治。大東文化大学法学部教授、カールトン大学博士。

人物・経歴[編集]

岐阜県生まれ。1980年慶應義塾大学法学部卒業。カナダ・カールトン大学で博士号取得。

1987年大阪経済大学専任講師を経て、1990年から、大東文化大学法学部専任講師、1992年同助教授、1995年同教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『多元国家カナダの実験――連邦主義・先住民・憲法改正』(未來社, 1990年)
  • 『カナダ連邦政治――多様性と統一への模索』(東京大学出版会, 2002年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『入門現代地域研究――国際社会をどう読み取るか』(昭和堂, 1992年)
  • 『エリア・スタディ入門――地域研究の学び方』(昭和堂, 2000年)

共編著[編集]

訳書[編集]

  • P・E・トルドー『連邦主義の思想と構造――トルドーとカナダの民主主義』(御茶の水書房, 1991年)