加藤日出男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 日出男(かとう ひでお、1929年8月31日[1] - 2019年12月22日)は、日本の社会運動家、随筆家。

人物[編集]

秋田県秋田市出身。1953年東京農業大学農学部農業経済学科卒業。1957年処女作『東京の若い根っこたち』を発表。これを劇団民芸が映画化。1953年労働青年の交流の場として「若い根っこの会」結成。1961年財団法人「根っこの家」完成、株式会社「ルーツ海」設立。1961年『若い根っこ』を創刊、現・月刊誌『友情Dream』に発展。1972年グアム・サイパン南十字星洋上大学開催。若い根っこの家・会長、学校法人東京農業大学評議員。1986年藍綬褒章受勲。2019年12月22日、老衰のため死去[2]

著書[編集]

  • 『東京の若い根っこたち ある青年団長の手記』第二書房, 1957
  • 『根っこ』トモブック社, 1960
  • 『友情行進曲 嵐の中の若者たち』東京信友社, 1960
  • 『根っこ物語』トモブック社, 1960
  • 『根っこどん 第1部 (早春篇) (根っこシリーズ 第4)』トモブック社, 1961
  • 『若い太陽 根っこ先生の記録』トモブック社, 1961
  • 『かあさん長生きしてね』根っこ文庫, 1961
  • 『さよならまたね』根っこ文庫, 1962
  • 『孤独絶望愛 若い人生相談』根っこ文庫太陽社, 1962
  • 『友をつくる法 つきあいを成功させる秘訣』 (実用新書)大和書房, 1963
  • 『はじめて愛する』根っこ文庫太陽社, 1963
  • 『太陽を抱く娘』根っこ文庫太陽社, 1963
  • 『根づよく生きるぞ』 (実日新書)実業之日本社, 1964
  • 『虹の鉄橋』 (銀河選書)大和書房, 1964
  • 『生きるぞ!雑草のように 若い根っこの生活記録』 (ヒット・ブックス)サンケイ新聞出版局, 1965
  • 『若いいのちのことば』根っこ文庫太陽社, 1965
  • 『人生をすばらしく生きよう』 (銀河選書)大和書房, 1965
  • 『風雪の人西尾末広』根っこ文庫太陽社, 1966
  • 『二十代 愛と自信を育てよう』(イケダ3Hブックス) 池田書店, 1966
  • 『北風っ子』(太陽選書) 根っこ文庫太陽社, 1966
  • 『若い日をどう生きる 価値ある人生を創りだそう』 (銀河選書) 大和書房, 1967
  • 『自信をもって生きる 新しい生き甲斐の発見』 (銀河選書)大和書房, 1968
  • 『若者を感動させる経営 人材を育てるにはこれしかない』日本労政調査会, 1968
  • 『勇気を燃やす人生論 劣等感をぶち破る』 (銀河選書)大和書房, 1969
  • 『でっかく生きよう ウジウジクヨクヨを吹っとばす』 (銀河選書)大和書房, 1970
  • 『孤独の中から起ち上がれ 勇気ある人生の試み』大和書房, 1971
  • 『青春に贈る言葉 若さゆえの愛と苦悩の旅路』大和出版販売, 1973
  • 『愛するものに生きる 体験的人生論』大和出版販売, 1973
  • 『愛と荒野を生きる』PHP研究所, 1974
  • 『強く生きる 孤独と不安に挫けそうな人へ』 (銀河選書)大和書房, 1975
  • 『愛は歩みはじめる さすらう青春に捧げる詩』大和書房, 1976
  • 『青春を生きる言葉 自分が自分を決める生き方』大和出版, 1976
  • 『東京ひとり暮らし案内 孤独の日ぶらりぶらり人生読本』日本実業出版社, 1977
  • 『青春=ことばの花束 生きがいと感動を求めて』大和出版, 1978
  • 『出会いをつくる人生論』大和書房, 1978
  • 『すばらしきひとの人生論 夕焼けのマイ・ウェイ』 (銀河選書)大和書房, 1979
  • 『友よ夕陽よありがとう 愛といのちと出会いの断章』根っこ文庫太陽社, 1979
  • 『友よ夕陽よまた逢おう 苦悩をはね返す青春の指針』根っこ文庫太陽社, 1980
  • 『その人を好きになれるか 若い日の恋と友情 デートの日記1』根っこ文庫太陽社, 1980
  • 『この愛に賭けられるか 一度だけの青春をどう生きる デートの日記2』根っこ文庫太陽社, 1980
  • 『燃えて生きられるか 情熱、このいのちの炎 デートの日記3』根っこ文庫太陽社, 1980
  • 『かなしみに耐えられるか 孤独の嵐にたちむかう デートの日記4』根っこ文庫太陽社, 1980
  • 『さらば友よ夕陽よ 手ごたえのある青春の発見』根っこ文庫太陽社, 1981
  • 『高校三年生に贈る人生論』 (銀河選書)大和書房, 1982
  • 『愛される友へのすすめ 自分の良さを眠らせていないか』根っこ文庫太陽社, 1983
  • 『強く生きる 孤独と不安に挫けそうな人へ』 (銀河ブックス)大和書房, 1984
  • 『若き日の友に捧げる人生論 涙よ、生きてきてよかった』根っこ文庫太陽社, 1984
  • 『青春をためそう 信じること、愛すること』根っこ文庫太陽社, 1984
  • 『人恋しきあなたに贈る人生論 挫折とさびしさをのり超えるために』根っこ文庫太陽社, 1985
  • 『青春をためそう 信じること、愛すること。』根っこ文庫太陽社, 1985
  • 『二十歳の青春に贈る人生論 若き日の夢と愛を育てるために!』根っこ文庫太陽社, 1985
  • 『友達をつくる人生論 愛と孤独の青春をどう生きる』根っこ文庫太陽社, 1985
  • 『燃ゆるいのち愛して生きる 傷つく魂に捧げる人生論』根っこ文庫太陽社, 1986
  • 『何が若者を動かすのか 私の体験的リーダー論』 (ダルマブックス)佼成出版社, 1987
  • 『むなしさに愛がさしこむ人生論 自分を生き生き表現するために贈る』根っこ文庫太陽社, 1987
  • 『愛されてますか、青春 もっと楽しく生きる自分でありたい!』 Nekko, 1988
  • 『もうじき幸せ人生論 青春の秋を今、感ずるあなたへ』 Nekko, 1988
  • 『もっと愛してもいいですか 青春ライブ物語』根っこ文庫太陽社, 1989
  • 『好きだから嫌い 愛したいのに愛せないあなたに』フジテレビ出版, 1990
  • 『いちどでいいから愛されたい 17歳から29歳までの恋の季節に贈る人生論』 Nekko, 1991
  • 『大根踊り人生論』東京農業大学出版会, 2003
  • 『生涯青春 いのちよ、ありがとう』清流出版, 2007
  • 『強く美しく生きるには (ひと味ちがう「日本百名言」シリーズ)ごま書房, 2007

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 加藤日出男氏死去 若い根っこの会会長、90歳 時事ドットコム、2020年1月5日