加藤拓也 (プロデューサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かとう たくや
加藤 拓也
本名 加藤 拓也
生年月日 (1993-12-26) 1993年12月26日(27歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府東大阪市
国籍 日本
職業 劇作家演出家映像作家
ジャンル テレビ番組舞台
主な作品
CX『不甲斐ないこの感性を愛してる』
NTV『俺のスカートどこ行った』
テンプレートを表示

加藤 拓也(かとう たくや、1993年12月26日 - )は日本劇作家演出家映像作家

来歴[編集]

興国高等学校卒業。高校在学中からラジオ演劇テレビ番組演出を手掛ける。18歳の時に渡伊し、映像作家として活動。帰国後に自身が代表を務める「わをん企画」「劇団た組」を立ち上げる。

シアタートラムで上演した『壁蝨』で若手演出家コンクール2017にて優秀賞を受賞後、辞退[1]

2018年にフジテレビ『平成物語』でドラマ初脚本。日本テレビ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』で連ドラ初脚本。同年、最年少で日本映画専門チャンネル開局20周年ステーションIDを監督。ドラマ初脚本となる『平成物語』で第7回市川森一脚本賞にノミネート。2019年に日本テレビ『俺のスカート、どこ行った?[2]で初のゴールデン帯脚本を全話担当。

主な代表作品としてCX『平成物語』NTV『俺のスカート、どこ行った?』シスカンパニー『たむらさん』など。

受賞歴[編集]

  • 2017年 若手演出家コンクール優秀賞[3]
  • 第7回市川森一脚本賞ノミネート

映画[編集]

  • ショートムービー『あおいろなおし』(2018年)監督・脚本
  • ショートムービー『想い出が悴んでて』(2018年)監督・脚本
  • 東映 presents HKT48×48人の映画監督たち(2017年/朝長美桜担当[4]監督・脚本

ドラマ[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

  • 動画メディア「WATCHY」配信ドラマ 恋愛短編集『恋をたどる、』監督・脚本
  • カフカの東京絶望日記 第1話(前編・後編)(2019年4月2日・9日配信開始、YouTube)監督

ミュージックビデオ[編集]

  • BRIAN SHINSEKAI「ルーシー・キャント・ダンス」(ビクターエンタテインメント[7]

番組演出[編集]

  • テレビ埼玉 『ホワッツニュー』プロデューサー/演出
  • テレビ埼玉 『カワバカジマ』プロデューサー[8]
  • テレビ埼玉『サタデージネット』プロデューサー
  • スカパーch529『美メンズTV』プロデューサー/演出
  • スカパーch529『ちょい悪。田中美麗』プロデューサー/演出

演劇作品[編集]

演出[編集]

作・演出[編集]

PR[編集]

  • 売野雅勇・作詞家活動35周年記念『天国より野蛮』

脚注[編集]

  1. ^ 若手演出家コンクール2017、最終審査通過者4名を発表 - ステージナタリー
  2. ^ Inc, Natasha. “古田新太、ドラマでゲイ&女装家の教師役「これで低視聴率ならただのミスキャスト」” (日本語). 映画ナタリー. 2019年3月5日閲覧。
  3. ^ 若手演出家コンクール2017受賞者発表”. 2017年12月15日閲覧。
  4. ^ 「HKT48」1stアルバムに福田雄一、清水崇ら48人の監督が参加!短編映画48作収録
  5. ^ 平成生まれのキャスト&スタッフでSPドラマ”. 2018年3月15日閲覧。
  6. ^ Inc., Natasha,. “「部活、好きじゃなきゃダメですか?」ドラマ化、King & Princeの3人が主演(コメントあり) - コミックナタリー” (日本語). コミックナタリー. 2018年9月12日閲覧。
  7. ^ BRIAN SHINSEKAI「ルーシー・キャント・ダンス」先行配信開始、MVは加藤拓也監督作
  8. ^ ジョイマン高木、戦国武将の上杉謙信と武田信玄らと共演?”. お笑いナタリー (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  9. ^ 「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」舞台化決定”. コミックナタリーニュース (2015年3月20日). 2015年3月20日閲覧。
  10. ^ BANBANBAN鮫島・座長「元気が出る病院!」”. お笑いナタリー (2016年2月8日). 2016年2月8日閲覧。
  11. ^ 西原理恵子『パーマネント野ばら』が舞台化、劇団た組。が6月に上演 - CINRA.NET
  12. ^ 「博士の愛した数式」舞台化、SUPER☆GiRLS・宮崎理奈、シンガー中村千尋出演”. music.jpニュース (2015年10月13日). 2015年10月13日閲覧。
  13. ^ 「いなくなれ、郡上」舞台化”. music.jp (2016年3月6日). 2016年3月6日閲覧。
  14. ^ 「惡の華」舞台化”. CINRA.NET (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  15. ^ 「百瀬、こっちを向いて。」舞台化”. music.jp (2016年7月5日). 2016年7月5日閲覧。
  16. ^ 劇団た組。最新作に藤原季節、福田麻由子”. ぴあニュース (2017年1月22日). 2017年1月22日閲覧。
  17. ^ 北乃きい舞台「心臓が濡れる」ポスター”. 2018年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]