加藤弘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 弘一(かとう こういち、1954年 - )は、日本の文芸評論家東海大学講師。

略歴[編集]

1954年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。在学時はワセダミステリクラブに所属。1983年『コスモスの知慧』で群像新人賞評論部門を受賞。東海大学文学部で、IT文学の関連性について講義する[1]

概要[編集]

安部公房石川淳に傾倒する。SFマニアでもある。大学在学中はワセダミステリクラブに所属。

IT日本語の関係に強い関心を持つ。

自身のブログの中の産総研の研究員でメディア・アーティストの江渡浩一郎の著作『パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則~』(技術評論社)の書評で、エリック・レイモンドの対概念『伽藍とバザール』と、ドゥルーズの対概念「ツリーリゾーム」は、似たようなものだと書いた[2]

著書[編集]

出典[編集]

  1. ^ 外部リンクの本人のブログ、および http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%C3%C6%A3%B9%B0%B0%EC
  2. ^ 書評『パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則~』 江渡浩一郎 (技術評論社) 紀伊国屋書店『書評空間』2010年7月26日

外部リンク[編集]