加藤廣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
加藤 廣
(かとう ひろし)
誕生 1930年6月27日
日本の旗 日本東京都
死没 (2018-04-07) 2018年4月7日(87歳没)
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 小説
代表作 本能寺三部作
デビュー作信長の棺』(2005年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

加藤 廣(かとう ひろし、1930年6月27日[1]- 2018年4月7日[2])は、日本の作家。

経歴[編集]

東京生まれ。東京都立新宿高等学校東京大学法学部卒。山一證券に勤務し、経済研究所顧問を経て、2005年に作家としてデビュー。75歳での高齢デビューが話題となった。

作家デビュー以前からビジネス書を著していたが、小説『信長の棺』は日本経済新聞に連載され、当時の小泉純一郎総理が愛読書として挙げたことからベストセラーとなった。大阪経済大学客員教授。

2018年4月7日死去[2]。87歳没。

著作[編集]

ビジネス・教養書[編集]

  • 『資金を豊かにする法 どのように借り・増やし・運用するか』ぱるす出版 1975
  • 『強い経理マンになる法 社内においていかにあるべきか』ぱるす出版 1975
  • 『男たちの履歴書 現代に生きる企業ロマン』東洋経済新報社 1981
  • 『ベンチャー・ビジネス鑑別法 ホンモノの育ち方育て方』東洋経済新報社 1984
  • 『21世紀への人事革新 日本的経営の崩壊と新しい人事制度の構築』ぱるす出版 1987
  • 『人材新時代 人と組織の調和を求めて』プレジデント社 1989
  • 『らくらく企業観察術 融資渉外に役立つヒント集』近代セールス社 1989
  • 『ホントの豊かさ発見伝 遊びの復権と新生活主義』日本工業新聞社 1991 「豊かさの探求」と改題、新潮文庫
  • 『資金を豊かにする法 どこからどのように借り・増やし・運用するか』ぱるす出版 1992
  • 『信長軍団に学ぶ処世の法則』PHP研究所 2006
  • 『長い戒名ほど立派なのか』若桜木虔共著 ベスト新書 2007
  • 『黄金(きん)の日本史』新潮新書 2012
  • 『意にかなう人生 心と懐を豊かにする16講』新潮新書 2013
  • 『「黄金」から見直す日本史 歴史再発見』NHKシリーズ カルチャーラジオ 2013
  • 『昭和からの伝言』新潮社、2016
  • 『戦国武将の辞世 遺言に秘められた真実』朝日新書、2017

小説[編集]

本能寺三部作[編集]

  • 信長の棺』(2005年、日本経済新聞社 / 2008年、文春文庫、全2巻)
    • 同名でテレビドラマ化(2006年)
  • 『秀吉の枷』(2006年、日本経済新聞社、上下巻 / 2009年、文春文庫、全3巻)
  • 『明智左馬助の恋』(2007年、日本経済新聞社 / 2010年、文春文庫、全2巻)
  • 『安土城の幽霊-「信長の棺」異聞録』(2011年、文藝春秋 / 2013年、文春文庫)、外伝で短篇集
  • 『神君家康の密書』(2011年、新潮社 / 2013年、新潮文庫) 

ノン・シリーズ作品[編集]

  • 『謎手本忠臣蔵』(2008年、新潮社、上下巻)のち文庫 
  • 『空白の桶狭間』(2009年、新潮社)のち文庫 
  • 『求天記-宮本武蔵正伝』(2010年、新潮社)「宮本武蔵」文庫 
  • 『水軍遙かなり』文藝春秋 2014 のち文庫 
  • 利休の闇』文藝春秋 2015 のち文庫 
  • 『信長の血脈』文春文庫 2014

海外への翻訳[編集]

台湾(正体字)[編集]

  • 信長之棺 (2008年、遠流出版社)
  • 秀吉之枷 (2008年、遠流出版社)

中国大陸(簡化字)[編集]

  • 信长之棺 (2012年、吉林出版集团有限责任公司)
  • 秀吉之枷 (2013年、吉林出版集团有限责任公司)
  • 明智左马助之恋 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)

脚注[編集]

  1. ^ 「文藝年鑑」2016
  2. ^ a b 作家の加藤廣さん死去 87歳、「信長の棺」”. 日本経済新聞 (2018年4月15日). 2018年4月15日閲覧。