加藤康弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 康弘 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヤス、カトウ
カタカナ カトウ ヤスヒロ
ラテン文字 KATO Yasuhiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-05-13) 1986年5月13日(32歳)
出身地 愛知県蒲郡市
身長 173cm
体重 67kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
2005-2008 日本の旗 浜松大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009 日本の旗 長野パルセイロ 9 (6)
2010 タイ王国の旗 オーソットサパー・サラブリー 6 (0)
2010 タイ王国の旗 アーミー・ユナイテッド 11 (1)
2011 ラトビアの旗 グルベネ 12 (3)
2011-2012 ラトビアの旗 ヴェンツピルス 5 (0)
2012 ウクライナの旗 ザカルパッチャ・ウージュホロド 4 (0)
2013-2015 ポーランドの旗 ストミール・オルシュティン 23 (2)
2015 スロベニアの旗 ドラヴァ・プトゥイ 8 (0)
2016-2017 ポーランドの旗 モトル・ルブリン 4 (1)
2017- 日本の旗 ラジルFC東三河
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

加藤 康弘(かとう やすひろ、1986年5月13日 - )は、プロサッカー選手。ポジションはFWMF

来歴[編集]

小学4年時から地元の少年サッカーチームに入団しサッカーを始める。 中学時代は名古屋グランパスエイトのジュニアユースに所属。高校は愛知県東邦高校へ進学した。その後、2年時に長野県地球環境高校、3年時に茨城県の東海学院文化教養専門学校へ編入した。

浜松大学時代は当初試合出場のチャンスに恵まれなかったが、4年時に監督に就任した長澤和明に見出されシーズン途中でレギュラーに定着。3年ぶりに浜松大学をインカレへと導いた。

大学卒業後はAC長野パルセイロに入団。2010年海外に挑戦しタイ・プレミアリーグオーソットサパー・M-150・サラブリーFCに移籍を果たす。その年の夏には同リーグのロイヤル・タイ・アーミーFCへ移籍した。

2011年ヨーロッパに進出。ラトビアヴィルスリーガFBグルベネと契約し、2度の決勝点を含む12試合3ゴールと結果を残し、2011年7月、ラトビアの強豪FKヴェンツピルスへ移籍した。その年、UEFAヨーロッパリーグ予選2回戦ベラルーシのFCシャフティオール戦では後半途中から出場し勝利を収める。2011年11月日本人初となるヴィルスリーガで優勝を果たす。[1]

2012年1月更なる飛躍をすべく、ウクライナのFCザカルパッチャ・ウージュホロドの招待を受け練習に参加。 同年2月契約に至りウクライナリーグでは初の日本人選手誕生となる。[2]

2011-2012シーズン FCザカルパッチャはファーストリーグでの優勝を果たし来期のプレミアリーグの昇格が決まった。

2013-2014シーズン 2013年9月26日、ポーランド・1リーガ(2部)所属のストミール・オルシティン(OKS STOMIL OLSZTYN)に加入。
2013年11月9日、ホームでのミェジ・レグニツァ(Miedź Legnica)戦で初ゴールをあげる。

2015-2016シーズン 2015年9月7日、スロベニア・Druga Liga所属のドラヴァ・プトゥイ(Drava Ptuj)に加入。元スロベニア代表で2002 FIFAワールドカップにも出場したナスティア・チェフ(Nastja Ceh)と共にプレー。

2015年12月28日、故郷である蒲郡市観光大使に任命された。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 長野 21 北信越1部 9 6 - - 9 6
タイ リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2010 サラブリー 21 タイ・プレミア 6 0 - - 6 0
アーミー 33 11 1 - - 11 1
ラトビア リーグ戦 リーグ杯ラトビア杯 期間通算
2011 グルベネ 5 ヴィルスリーガ 12 3 - - 12 3
ヴェンツピルス 11 5 0 - 1 0 6 0
ウクライナ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2011-12 ザカルパッチャ 22 ファーストリーグ 4 0 - - 4 0
ポーランド リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2013- ストミール・オルシティン 5 ポーランド・1部リーグ 17 2 - - - -
通算 日本 北信越1部 9 6 - 0 0 9 6
タイ タイ・プレミア 17 1 - 0 0 17 1
ラトビア ヴィルスリーガ 17 3 - 1 0 18 3
ウクライナ ファーストリーグ 4 0 - 0 0 4 0
総通算 47 10 - 1 0 48 10

その他の公式戦

チームタイトル[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 加藤康弘オフィシャルブログ 「EL」 2011年7月22日付けの記事より
  2. ^ ウクライナへ移籍、初の日本人プレイヤー誕生」 スポーツナビ 2012年2月7日の記事より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]