加藤学 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 学
かとう がく/ まなぶ
生年月日 (1968-12-17) 1968年12月17日(50歳)
出生地 日本の旗長野県上田市
出身校 ロンドン大学SOAS大学院経済学博士課程中退
マラヤ大学大学大学院経済学修士課程修了
早稲田大学卒業
前職 国際林業センター客員研究員
所属政党民主党小沢グループ)→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党
称号 経済学博士

選挙区 長野5区
当選回数 1回
在任期間 2009年 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

加藤 学(かとう がく/ まなぶ、1968年12月17日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(1期)。

略歴[編集]

上田市立塩田中学校長野県上田高等学校早稲田大学商学部卒業後、NHKにディレクターとして入局。国立マラヤ大学大学院経済学修士)、ロンドン大学SOAS大学院経済学博士課程中退(Ph.Dcandidate)。JETROアジア経済研究所研究員、国際林業研究センター客員研究員などを歴任する。

2005年、第44回衆議院議員総選挙に初めて立候補。自由民主党宮下一郎に敗れ落選。

2009年、第45回衆議院議員総選挙では、宮下を破り初当選した。

2012年の消費増税をめぐる政局では、野田内閣による消費増税法案の閣議決定に抗議して4月2日に党総務副委員長の辞表を提出し[1][2]、4月23日の党役員会で受理された[3]。6月26日の衆議院本会議で行われた消費増税法案の採決では、党の賛成方針に反して反対票を投じた[4][5]。民主党は7月3日の常任幹事会で党員資格停止2カ月の処分とする方針を決定したが[6][7][8][9][10]、加藤が7月4日になって離党届を提出したため[11][12][13][14][15]、7月17日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とすることを正式決定した[16][17]

7月11日の国民の生活が第一結党に参加した[18]。7月17日に民主党を除籍になるまでは政党の二重所属状態であった。

12月16日の第46回衆議院議員総選挙日本未来の党公認で出馬するも、宮下に敗れ落選。落選後は、政治活動の停止を表明しており、後援会も解散している[19]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓法案に賛同している。自身結婚したい女性がいるが、この法案が通らないために結婚できていない、とも自身のブログに書いている[20]

経歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “長野5区 加藤氏、民主党役職の辞表提出”. 信濃毎日新聞. (2012年4月3日). オリジナルの2012年4月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120405224523/http://www.shinmai.co.jp/news/20120403/KT120402ATI090016000.html 
  2. ^ “消費増税法案:民主・加藤氏、党役職の辞表 「閣議決定拙速」 /長野”. 毎日新聞. (2012年4月4日). オリジナルの2012年4月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120407022127/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120404-00000130-mailo-l20 
  3. ^ “<民主党>「小沢系」の辞表受理”. 毎日新聞. (2012年4月23日). オリジナルの2012年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120426085016/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000110-mai-pol 
  4. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  5. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  6. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  7. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  8. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  9. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  10. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  11. ^ “民主:加藤氏離党届、小沢新党参加へ 衆院は38人に”. 毎日新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/RTOJd 
  12. ^ “「消費増税阻止したい」=加藤学議員”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月4日). オリジナルの2012年7月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120710043603/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120704-00000069-jij-pol 
  13. ^ “【民主分裂】「党に残っても生殺し」 民主・加藤学衆院議員が離党 小沢新党に参加へ”. 産経新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704202649/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120704/stt12070413260004-n1.htm 
  14. ^ “民主・加藤学議員 離党届提出”. NHK. (2012年7月4日). オリジナルの2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705122450/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120704/k10013325541000.html 
  15. ^ “加藤学氏が民主党離党届 小沢新党へ”. 信濃毎日新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2012年7月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120707064349/http://www.shinmai.co.jp/news/20120704/KT120704ATI090012000.php 
  16. ^ “民主参院議員3人離党 亀井亜紀子氏と新会派「みどりの党」”. 産経新聞. (2012年7月17日). オリジナルの2012年7月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120717152055/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120717/stt12071723140011-n1.htm 
  17. ^ “輿石氏「政権崩壊しかねない」 離党続出に危機感”. 日本経済新聞. (2012年7月17日). オリジナルの2012年7月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120722044341/http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL170IH_X10C12A7000000/ 
  18. ^ 新党の参加議員 Archived 2012年12月4日, at Archive.is - 時事ドットコム 2012年7月11日
  19. ^ “相次ぎ落選の小沢チルドレン 焼肉屋、政治活動停止などで雲散霧消”. 産経新聞. (2013年8月20日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130818/stt13081820570000-n1.htm 2013年8月20日閲覧。 
  20. ^ http://www.election.ne.jp/46/2566.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]