加藤国洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 国洋
かとう くにひろ
生年月日 (1946-12-17) 1946年12月17日(74歳)
出生地 山形県尾花沢市
出身校 日本大学法学部法律学科
所属政党自由民主党→)
無所属

当選回数 2回
在任期間 2010年8月12日 - 2018年8月11日

選挙区 尾花沢市・北村山郡選挙区
当選回数 3回
在任期間 1999年4月30日 - 2010年

Flag of Obanazawa Yamagata.svg 尾花沢市議会議員
在任期間 1991年7月 -
テンプレートを表示

加藤 国洋(かとう くにひろ、1946年12月17日 - )は、日本政治家。元山形県尾花沢市長(2期)、元山形県議会議員(3期)、元尾花沢市議会議員。

来歴[編集]

山形県尾花沢市出身。日本大学法学部法律学科卒業[1]。1970年(昭和45年)4月、殖産相互銀行(現・きらやか銀行)に就職。1988年(昭和63年)9月、同行を退社。1989年(平成元年)4月、株式会社佐藤商会取締役に就任[2]

1991年(平成3年)7月、尾花沢市議会議員に就任。何期市議を務めたかは不明。

1999年(平成11年)4月の山形県議会議員選挙に初当選。計3期、県議を務めた。県議時代は自由民主党に所属した[3]

2010年(平成22年)7月25日に行われた尾花沢市長選挙に出馬し、前市議の菅原信博を破り初当選した(加藤:6,946票、菅原:6,087票)。8月12日、市長就任[4]。2014年(平成26年)、再選。

2018年(平成30年)3月7日、健康上の理由により次期市長選(同年7月8日告示、15日投開票)に立候補せず、引退することを表明した[5]。当該市長選においては元市議の菅根光雄を支援した[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]