加藤和恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 和恵
生誕 (1980-07-20) 1980年7月20日(40歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2000年 -
代表作ロボとうさ吉
青の祓魔師
テンプレートを表示

加藤 和恵(かとう かずえ、1980年7月20日[1] - )は、日本女性[1]漫画家東京都出身[2]。代表作は『ロボとうさ吉』、『青の祓魔師』。

来歴[編集]

2000年(当時19歳)、第59回手塚賞に『僕と兎』が準入選し、『赤マルジャンプ』に『赤茄子』が掲載される。その後、同人誌『虹色マンション』の連載作家として活躍し、『月刊少年シリウス』創刊のために招集された。

また、かつて加藤しげるという名義で『季刊S』に短編を掲載した経緯がある。

2009年に『ジャンプSQ』にて『青の祓魔師』を連載開始。2011年2017年[3]にテレビアニメ化、2012年に映画化された[4]

作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 加藤和恵. “プロフィール”. カトウキカク. 2013年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月17日閲覧。
  2. ^ 「Explosive読切シリーズ 加藤和恵先生」『ジャンプスクエア2008年9月号(2巻9号)集英社、454頁。
  3. ^ 「青の祓魔師 京都不浄王篇」特集 加藤和恵インタビュー - コミックナタリー 特集・インタビュー”. コミックナタリー. ナターシャ (2017年1月13日). 2020年10月7日閲覧。
  4. ^ 『ONE PIECE』がV3で2012年を締めくくり!『青の祓魔師』は6位初登場! シネマトゥデイ 2013年1月2日
  5. ^ 「ゴジラ」ボンズ×オレンジでTVアニメ化!キャラ原案に「青エク」の加藤和恵”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年10月7日). 2020年10月7日閲覧。

外部リンク[編集]